MENU

日産 「ニッサン ハイパーアーバン」EVコンセプトカー 第一弾 発表

Nissan Hyper Urban Concept

日産は、2023年10月28日(土)~11月5日(日)に開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に出展するEVコンセプトカーの第一弾として、「ニッサン ハイパーアーバン」を、日産テクニカルセンター内に新設されたデザインプレゼンテーションホールにて2023年10月3日発表しました。

目次

日産 「ニッサン ハイパーアーバン」EVコンセプトカー について

日産の新しいEVモデルは、ソフトウェアとハードウェアのアップデートによって、お客さまのさまざまな趣向に応え、より長く、より愛着を持って乗り続けていただけるように設計されている。本モデルは、ソフトウェアとハードウェアのアップデートによって、お客さまのさまざまなニーズやライフスタイルに応える、新たな価値を提供するEVモデルと言える。

ソフトウェアのアップデートによる進化

本モデルは、ソフトウェアを常に最新の状態にアップデートすることで、インテリアやエクステリアなどのデザインや機能性を向上させることができます。例えば、インテリア全体の雰囲気をリフレッシュしたいときには、最新のグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)にアップデートしたり、好みにあわせてインストルメントパネルを交換したりすることもできる。

V2X機能による新たな価値の創出

本モデルは、バッテリーに蓄えた電力を自宅や店舗、オフィスなどに給電することができるV2X機能に対応している。これにより、クルマに乗っているときだけでなく、駐車時にもEVの機能を最大限活用することができる。

また、エクステリアは都会的なライムイエローのボディカラーを基調とし、スポーティーなシルエットと大径タイヤを採用することで、ダイナミックでモダンな佇まいを表現。インテリアは、万華鏡から着想を得た三角形で構成されたインストルメントパネルや、フロントシートのアレンジによって実現されるプライベート空間など、都市での生活空間に溶け込むデザインが特徴。これらの特徴により、本モデルは、お客さまのニーズやライフスタイルに応える、新たな価値を提供するEVモデルと言える。

ソフトウェアのアップデートによる進化

本モデルは、ソフトウェアを常に最新の状態にアップデートすることで、以下の3つのメリットを実現。

最新の機能やサービスを利用可能

ソフトウェアのアップデートによって、最新の機能やサービスを利用可能になります。例えば、自動運転やコネクティッドカーなどの先進技術をアップデートで追加することもできる。

デザインや機能を向上

ソフトウェアのアップデートによって、デザインや機能を向上させることができます。例えば、インテリアやエクステリアなどのデザインを変更したり、新たな機能やサービスを追加。

安全性を向上

ソフトウェアのアップデートによって、安全性を向上させることができます。例えば、制御システムをアップデートすることで、事故のリスクを低減する。

V2X機能による新たな価値の創出

本モデルは、バッテリーに蓄えた電力を自宅や店舗、オフィスなどに給電することができるV2X機能に対応しています。V2X機能により、以下の2つのメリットを実現。

エネルギー効率の向上

V2X機能により、エネルギー効率を向上させることができます。例えば、太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電した電力を、クルマに蓄えて利用したり、クルマのバッテリーに蓄えた電力を、夜間やピーク時に使用したりすることで、エネルギー効率を向上させることができる。

災害時のBCP対策

V2X機能により、災害時のBCP対策を強化することができます。例えば、停電時にクルマのバッテリーで電力を供給したり、クルマのバッテリーに蓄えた電力を、災害対策拠点などに給電したりすることで、災害時のBCP対策を強化することがでる。

日産ニュースリリース

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/231003-02-j

Nissan Hyper Urban Concept

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次