パイオニア カロッツェリア 9インチ大画面ディスプレイオーディオ「DMH-SF500」「Apple CarPlay」「Android Auto」対応 2023年3月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
DMH-SF500

パイオニアは、フローティングタイプのカロッツェリア、9インチ大画面ディスプレイオーディオ「DMH-SF500」を2023年3月より発売すると2023年1月19日発表した。1DINサイズのフローティング構造なので、9インチの大画面モデルを幅広い車種に取り付けることができる。

目次

9インチ大画面ディスプレイオーディオ「DMH-SF500」について

DMH-SF500は、「Apple CarPlay」「Android Auto」に加え、iPhoneやスマートフォンの画面を本体ディスプレイに映して直接操作できる「WebLink」に対応した。iPhoneやスマートフォンを接続するだけで、「Apple CarPlay」や「Android Auto」対応アプリを本体ディスプレイに表示、タッチパネルで直感的に操作。「Apple CarPlay」「Android Auto」使用時に、画面を切り換えることなくオーディオソースをコントロールできる「分割画面表示」にも対応。

「WebLink Host」アプリをインストールしたiPhoneやスマートフォンをUSBとBluetooth®で同時接続すれば、「YouTube」や「WebLink Cast」などの「WebLink」対応アプリを本体ディスプレイに映して操作できる。「WebLink Cast」アプリ使用時には、iPhoneやスマートフォンの画面を本体ディスプレイに映して直接操作できるため、普段使っているスマートフォンアプリをいつもと同じ感覚で操作し、大画面で楽しめる。

「フルカスタム高性能48 bitデュアルコアDSP」など、厳選された高音質パーツを採用、独自の音質チューニングを施すとともに、車室内で最適な音場を創り出す「タイムアライメント」や「ネットワークモード」、音質を細かく調整できる「13バンドグラフィックイコライザー」などの機能で高音質な音楽を楽しめる。圧縮音源をCDに迫る高音質で再生する「アドバンスド・サウンドレトリバー」など多彩なオーディオ機能も搭載。

2種類の画面モードを採用

背景や文字の色を変えることで、昼夜それぞれの環境での視認性を向上させた2種類の画面モードを採用。日中の画面への映り込みを軽減する「ライトモード」と、夜間の眩しさを軽減する「ダークモード」の切り換えは、手動のほか、イルミネーションや時刻に連動した自動切換えも可能。

1DINサイズのフローティング構造なので、9インチの大画面モデルを幅広い車種に取り付けることができる。また、取り付けの際に、シフトレバーやハザードボタンなどの位置や、好みに合わせて、ディスプレイの位置を上下、前後、左右に調整することができます。フルフラットモニター部にブラックとダークシルバーの塗装を施し、ディスプレイと一体化するフラットキーを採用するなど、洗練されたデザインに仕上げている。

パイオニア ニュースリリース

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2744?rel=____1

パイオニア

https://jpn.pioneer/ja/

DMH-SF500

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次