パイオニア カロッツェリア「Apple CarPlay」「Android Auto」対応 新型「FH-8500DVS」 2019年6月発売

FH-8500DVS カーナビ
FH-8500DVS

パイオニアは「Apple CarPlay」と「Android Auto™」に対応した2DINメインユニットタイプ ディスプレイオーディオのエントリーモデル「FH-8500DVS」を2019年4月15日に発表した。2019年6月発売予定。

価格オープンプライス

カロッツェリア ディスプレイオーディオ「FH-8500DVS」

iPhoneやスマートフォンを接続するだけで、「Apple CarPlay」や「Android Auto™」の各サービスを車載機のディスプレイに表示し、タッチパネルで直感的に操作することができる。また、Bluetooth®によるハンズフリー通話や楽曲のワイヤレス再生など、iPhoneやスマートフォンを車の中で快適に使用できるほか、ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生やフルHD画質動画の再生など、幅広いファイル・フォーマットの音楽・映像再生にも対応。高音質パーツの採用や、独自の音質チューニングなどで高音質再生を実現するとともに、さまざまな音質、音場調整機能も搭載。

FH-8500DVS

FH-8500DVS

ニュースリリースより

Phoneやスマートフォンとの連携機能を搭載

iPhoneやスマートフォンと接続するだけで、「Apple CarPlay」や「Android Auto™」の各サービスを車載機のディスプレイに表示して操作することが可能です※1 ※2。
Bluetoothによるハンズフリー通話や楽曲のワイヤレス再生に対応しており、車の中でiPhoneやスマートフォンを快適に使用することができます。Siriアイズフリーにも対応しているので、音声認識によるiPhone内の楽曲呼び出し、再生なども可能です。

ハイレゾ音源やフルHD画質の動画など、幅広いファイル・フォーマットに対応

ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生※3や、フルHD画質(1980×1080p)の動画再生など、幅広いファイル・フォーマットに対応しています。また、USBデバイスやポータブルHDD※4に保存した大容量の動画や音楽データを、本機に接続して楽しむことができます。

充実したオーディオ能力

「フルカスタム高性能48 bitデュアルコアDSP」など、厳選された高音質パーツを採用し、独自のノウハウに基づいた音質チューニングを施すとともに、車室内で最適な音場を創り出す「タイムアライメント」や「ネットワークモード」、音質を細かく調整できる「13バンドグラフィックイコライザー」などの機能を搭載しており、高音質再生を実現しています。また、圧縮音源をCDに迫る高音質で再生する「アドバンスド・サウンドレトリバー」やノンストップで音楽再生が楽しめる「MIXTRAX EZ」機能※5など多彩なオーディオ機能も搭載しています。

その他の特長

高精細な6.8 V型ワイドVGAモニターを採用
高画質再生を実現する「ブリリアントフィニッシュパネル」を採用
バックカメラ接続時にガイド線の表示が可能
専用リモコン付属
消費電力を0.1 W以下(通電、ソースオフ、ディスプレイオフ時)に抑えた省エネ設計 

yahoo!カーナビ Apple「CarPlay」に対応! 車載画面に表示可能

yahoo!カーナビ Apple「CarPlay」に対応! 車載画面に表示可能
Yahoo! JAPANが提供する、iOS版無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」が2019年4月8日にアップデート(2.6.7)をリリースしAppleの車載システム「CarPlay」に対応した。 Apple車載システム「Ca...

パイオニア ニュースリリース

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2346

FH-8500DVS

https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/car_av/av_mainunit/fh-8500dvs/

カーナビ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました