MENU

トヨタ自動車 88年2カ月で グローバル生産累計3億台を達成

トヨタ自動車は、2023年9月の生産をもって、グローバルでの生産累計台数3億台を達成した。

1935年8月にトヨタの前身である(株)豊田自動織機製作所(現 : (株)豊田自動織機)自動車部において1号車となるG1型トラックを生産して以来、88年2ヶ月で達成したもので、国内・海外の内訳は、国内生産累計1億8,052万台、海外生産累計1億1,960万台(2023年9月末時点)。もっとも生産台数の多い車種は、カローラで、カローラシリーズでのグローバルでの生産累計台数は、約53,399,000台(2023年9月末時点)となる。

目次

豊田章男 会長(マスタードライバー)

「『自動車づくりはみんなでやるもの』。これは創業者 豊田喜一郎の言葉です。トヨタの仲間、仕入先や販売店の方々、ステークホルダーの皆さまはじめ、数多くの先人たちが日々、積み重ねてきた仕事の証が『3億台』という数字の意味だと思います。そして、この歴史は1号車をつくった時に始まった訳ではありません。失敗と挑戦、いわば何台もの0号車をつくり続けた創業メンバーの苦労の上に、今のトヨタがあります。今日まで、トヨタには何度も危機がありました。その時、いつも最後に私たちを助けて頂いたのは、トヨタのクルマを好きでいてくださるお客さまの存在でした。クルマの数だけ、お客さまの物語があると思います。その物語の相棒として、トヨタのクルマを選んでくださったお客さまのおかげで、私たちは今日もまたクルマをつくり続けることができます。心から感謝申し上げます。私もクルマが大好きです。これからもクルマを愛する仲間とともに、一台一台、大切につくってまいります」

佐藤恒治 社長

「トヨタのクルマを選んでくださったお客さま、そして、その一台一台に想いを込めてクルマをつくり、お客さまにお届けくださってきた仕入先・販売店の皆さま、ステークホルダーの皆さまに、心より感謝申し上げます。3億台は、クルマや部品の企画・設計から生産、輸送、販売・サービス、それらを支えるすべての仕事まで、会社を越えた多くの仲間のご尽力があってこその結果だと思います。仲間の皆さまと数多くの困難も乗り越えてきました。近年だけでも、東日本大震災をはじめとする自然災害、火災などの不測の事態、コロナ禍、半導体不足など、思うようにクルマをつくれない危機に直面するたびに、みんなで助け合い、生産復旧や生産変動への対応に取り組んできました。私たちはこれからも、クルマづくりを支えてくださっているすべての皆さまへの感謝の思いを忘れずに、お客さまが笑顔になるもっといいクルマづくりに全力で取り組んでまいります」

トヨタ自動車 ニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/39995897.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次