ホンダ S660

「S660」は、ホンダが開発、販売する軽自動車規格の2人乗りオープンスポーツである。

S660について

1996年に販売を終了したビート、車名は「ビート」ではなく「S660」になった。本田技術研究所設立50周年を記念し、社内で「新商品企画提案」が開催された。1996年に販売を終了したビート以来、約19年ぶりに復活した軽規格の2シーターオープンスポーツカー。にミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウトを採用。流線型のボディに、ドライバーの空間を徹底的に追求したという“スーパーコックピット・インテリア”を組み合わせ、スポーティな感覚を味わえるものとした。乗車定員は2名。

2013年10月23日第43回東京モーターショー2013にて、次世代軽オープンスポーツモデル「Honda S660 CONCEPT」の出展を発表。

初代 JW5型

2015年3月30日「S660」の発売を発表。、発売を記念した特別限定車「S660 CONCEPT EDITION」を660台限定で、同日発売。

ホンダ 新型 S660 2015年4月2日から販売開始!JC08モード24.2km/L 198万から

2017年5月18日特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」を設定。2017年6月2日発売、11月30日までの期間限定受注となった。

ホンダ 新型 S660 α 特別仕様車「Bruno Leather Edition」期間限定販売 2017年6月2日~11月30日まで

2017年10月20日特別仕様車「#komorebi edition(コモレビ エディション)」を設定。2017年11月10日発売、2018年1月31日までの期間限定受注となった。

ホンダ 新型 S660 特別仕様車「#komorebi edition」2017年11月10日~2018年1月31日期間限定販売

2018年5月24日一部仕様変更を発表、2018年5月25日発売。コンプリートモデル「Modulo X」を追加し2018年7月6日発売した。

ホンダ 新型 S660 マイナーチェンジ Modulo X 追加 専用サスペーション、アルミホイール エアロパーツを装備 2018年5月25日発売

2018年12月20日特別仕様車「Trad Leather Edition」を設定。2018年12月21日発売。

ホンダ 新型 S660 特別仕様車「Trad Leather Edition」2018年12月21日発売

2020年1月10日マイナーモデルチェンジ「Modulo X」2020年1月31日発売。

2021年3月12日特別仕様車「Modulo X」「Version Z」を追加して発売した。

2022年3月をもって生産を終了することも同時に発表された。

S660 価格 グレード 2020年

S660

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式

価格
(10%)

α 660cc
DOHCエンジン
6MT MR 2,321,000円
CVT
+パドルシフト
β 660cc
DOHCエンジン
6MT MR 2,031,700円
CVT
+パドルシフト

S660 Modulo X

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動 価格(10%)
Modulo X 660cc
DOHCエンジン
6MT MR 3,042,600円
CVT
+パドルシフト
Modulo X
Version Z
6MT 3,150,400円

新型S660 スペックについて

スペック S660
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,180mm
ホイールベース 2,285mm
車両重量 830-850kg
エンジン 直列3気筒DOHCターボ
排気量 658cc
最高出力 47kW (64PS)/
6,000rpm
最大トルク 104N・m (10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッション 6速MT/CVT
JC08モード燃費 21.2km/L(MT)
24.2km/L(CVT)
乗車定員 2人
価格 2,031,700円〜
2,321,000円

S660 記事

[new_list count="15" type="default" tags=194]

ホンダ S660

https://www.honda.co.jp/S660/

2021年1月2日

© 2021 最新自動車情報