トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ

トヨタとBMWは共同開発を進めており、それこそ新型スープラと新型Z4だ!新型スープラ A90型は2019年3月発売し、海外としては5代目となり日本国内では3代目となる。

詳細はこちら

スズキ 新型 アルト/アルトRS マイナーチェンジ デュアルセンサーブレーキサポート Sエネチャージ採用 2019年10月発売

ALTO スズキ
ALTO

新型アルト/アルトRSについて

スズキは新型アルト/アルトRSのマイナーチェンジを行い2019年10月に発売する。

ライバル車種である新型ミライースのフルモデルチェンジを2017年5月9日に行い、販売台数も大きく伸びている。

ダイハツ 新型 ミライース フルモデルチェンジ スマートアシストⅢ搭載 価格84万2,400円~ JC08モード燃費35.2km/L 2017年5月9日発売!!
ダイハツは新型のミライースのフルモデルチェンジを2017年5月9日に発売する!! 価格:84万2,400円~133万9,200円 ミライースについて 現行ミライース 現行は2011年9月20日から販売...

スズキもミライースに負けない為にも初のマイナーチェンジを行う。

今回はミライースでも先進の安全技術をレベルアップさせ「スマートアシストⅢ」を搭載。

新型アルトでもレーダーブレーキサポートからレベルアップし「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載する。

安価なモデルが売りのアルトはエネチャージを搭載しているが、ラインナップを追加する形でマイルドハイブリッドモデル、Sエネチャージモデルを追加する。

デュアルセンサーブレーキサポート搭載

新型スイフト、新型ワゴンRに採用された単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する。

スズキ 新型 スイフト スイフトRS 4代目としてフルモデルチェンジ ハイブリッドモデルあり 134,3万円〜 2016年12月27日発表、2017年1月4日発売へ
スズキは新型スイフト、スイフトハイブリッド、スイフトRS、スイフトスポーツのフルモデルチェンジを2016年12月の発売を目指して開発を進めていたが新型ワゴンR同様、燃費不正問題が発覚したことにより販売時期がずれ込んだ。 新型スイフト...
スズキ 新型 ワゴンR / スティングレー フルモデルチェンジ 次世代軽量プラットフォーム採用 進化したS-エネチャージ搭載 JC08モード燃費33.4km/L 2017年2月1日発売!!
スズキは新型ワゴンR/スティングレーのフルモデルチェンジを行い2017年2月1日に発売した。 新型ワゴンRの「FA」グレードに5速MT車を設定し2017年8月23日発売した。 スズキ ワゴンR FA 5MT 価格107万8920円~1...
1.前方衝突警報機能

約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。

衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

2.前方衝突警報ブレーキ機能
衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。
3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能

衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、

ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

4.自動ブレーキ機能
衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。
誤発進抑制機能

ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献

前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。

停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、 エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。

車線逸脱警報機能

車線を外れそうになるとブザー音とメーター内の表示灯で警報

約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線の左右区画線を認識。車線を逸脱すると判断した場合、 ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

ふらつき警報機能

車両が蛇行するとブザー音とメーター内の表示灯で警報

約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線内での車両の蛇行パターンから、

ふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

先行車発進お知らせ機能

先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ

停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、

ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。

新型 アルト マイルドハイブリッド Sエネチャージを搭載

スターターモーター機能とモーターアシスト機能を兼ねるモーター機能付発電機(ISG)を用いた簡易型ハイブリッドシステム「S-エネチャージ」を搭載。

15〜85km/hの加速時に、減速時に蓄えられた電力をモーターアシストに用いることでエンジン負担を軽減し、加速時の燃料消費を抑制。

さらに、スターターモーター機能により静かでスムーズなエンジン再始動を実現するとともに、再アイドリングストップ可能な速度を引き下げてアイドリングストップの頻度を増やしたことで燃費向上に貢献。

スペック新型アルト新型アルト マイルドハイブリッド
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,530mm
ホイールベース2,460mm
エンジン直3 660cc直3 660cc+モーター
最高出力52ps/6,500rpm52ps/6,500rpm
最大トルク6.4kgm/4,000rpm6.1kgm/4,000rpm
モーター最高出力3.1ps/1,000rpm
モーター最大トルク5.1kgm/100rpm
ミッションCVTCVT
JC08モード燃費37.0km/L40.0km/L
価格78万5千円~

アルトについて

現行アルトは8代目で2014年12月22日発売開始。

2015年3月11日新型 アルト ターボRS」発売開始。

2016年12月13日アルトのみでの国内累計販売台数がスズキ車で初めてとなる500万台達成。

新型プラットフォームを全面的に採用し軽量化と剛性アップさせ燃費向上した。

アルトは最新のミライースを抜いてアルトがJC08モード燃費37km/Lでハイブリッド車を除く日本一の燃費になる。

8代目となるアルトだがデザインが非常に現代風というよりはむしろ初代や2代目のようなデザインへと変貌を遂げている。

新型プラットフォームについて

プラットフォームを刷新し、剛性や静粛性、衝突性能、走行性能などを大幅に向上させた上で軽量化を達成している。 プラットフォームを滑らかな形状にすることで補強部品を減らし、さらに板厚を薄くするとともに骨格部を連続化することで、より少ない部品で十分なボディー剛性を確保。

ボディーでは高張力鋼板を全体の約46%に使い、とくに強度の高い超高張力鋼板(980MPa)の使用範囲を約16%まで拡大。

アンダーボディーでは主要な構造と部品のレイアウトを全面刷新しており、剛性、静粛性、衝突性能、走行性能などを軽量化しつつ引き上げている。これらにより、曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上させている。

軽量化の面ではフロントフェンダーやロアクロスメンバーなどに樹脂素材をスズキ車として初めて使用。

シートでもシートバックフレームの構造見直し、ボディー側に対する取付部品の溶接化を行う。

新型プラットフォームを採用により現行850kgから車両全体で50kgの重量軽減を図り、800kgとする。

alut

スペック新型アルト
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,530mm
ホイールベース2,460mm
エンジン直3 660cc+モーター
最高出力52ps/6,000rpm
ミッションCVT
JC08モード燃費37.0km/L
価格78万5千円~

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000728682/SortID=21262468/#tab

アルト

http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019