テスラモーターズ 新型 ロードスターフルモデルチェンジ 2代目 0-60加速を1.9秒で実現 2020年発売

テスラモーターズ は新型ロードスターのフルモデルチェンジを行い2017年11月17日に発表した。
2020年に向けて開発中と予告。なんと0-60加速を1.9秒で実現したとしている。2018年5月9日にインテリアデザインを公開した。

目次

テスラモーターズ 新型ロードスター

スリムなLEDヘッドライトとテスラカーブドボディパネルを特徴としている、4シーターで可動式のルーフを備えるロードスターモデル。
3つのモーターと200kWhのバッテリーを搭載わずか1.9秒で60mph(96km / h)に達し、わずか4.2秒で100mph(160km / h)に達すると言われている。さらに、200kWhのバッテリーパックのおかげで8.9秒で1/4マイル走行し、250mph以上の走行距離を達成する。

テスラモーターズ 新型ロードスター エクステリア

テスラモーターズ 新型ロードスター インテリア

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

テスラ・モーターズ

テスラ
電気自動車、ソーラー、クリーンエネルギー | テスラ テスラは、電気自動車や太陽光発電、総合的な再生可能エネルギー ソリューションを提供することで、世界の再生可能エネルギーへの移行を加速させています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる