メルセデス・ベンツ 新型 E250 特別仕様車「E 250 Coupe Limited」 100台限定で発売

メルセデス・ベンツ

メルセデス ベンツ日本は、Eクラス クーペの特別仕様車、E250 クーペ リミテッドを設定、2月5日より全国限定100台で販売を開始。価格は712万円で、ボディーカラー別にポーラーホワイト(白)が80台、ファイアオパール(赤)が20台用意される。

特別仕様車 E 250 Coupe Limited

直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボエンジンを搭載するEクラスクーペのエントリーモデルにあたるE 250をベースとしたこの限定車では、外観に通常は20万円高でオプション設定されているフロントスポイラーとサイド&リアスカートなどをセットにした「AMGスポーツパッケージ」を標準装備。さらにこの限定車専用デザインとなる18インチ AMG 5ツインスポークアルミホイールを装着する。

E_250_02.jpg
E_250_03.jpg

インテリアでは、通常は上級グレードのE 350やE 550にしか設定されないナッパレザーをシートやダッシュボードに使用。内装色を外観とコーディネートして、ポーラーホワイトではベンガルレッド内装、ファイアオパールではナチュラルベージュ内装と組み合わせて上質感を高めている。このほかにナッパレザーを使った本革巻ウッドステアリング、前席シートヒーター、360°カメラシステムなどを装備していながら、ベース車両の669万円から43万円高と価格上昇を抑えた設定で商品性を磨き上げている。

ニュースリリース(PDF)

http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2014/20140205_1.pdf

製品情報

https://www.mercedes-benz.co.jp/

メルセデス・ベンツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019