ヒュンダイ 新型 ソナタ 新設計プラットフォーム採用 対 カムリ アコード アルティマ

sonata ヒュンダイ

3月24日、現代自動車は、フルモデルチェンジした「ソナタ」を韓国で発表した。

新型ソナタについて

6代目の現行ソナタは米国市場で、トヨタ カムリ、日産 アルティマ(新型ティアナ)、ホンダ アコードなどと競合する。

sonata

sonata

sonata

7代目となる新型は全長4,855mm×全幅1,865mm×全高1,475mm、サイズを拡大したソナタは、ホイールベース長も2,805mmに10mm延長した新設計のプラットフォームを基盤とした、捻り剛性を41%、曲げ剛性を35%も高めたと謳うシャシーを採用する。

sonata

sonata

リアのデザインが現行ソナタと比べて現代の欧州車に近いデザインになっている。韓国市場でのエンジンは、2.0L直列4気筒は、最大出力168ps、最大トルク20.5kgm、直噴2.4L直列4気筒「GDi」は、最大出力193ps、最大トルク25.2kgmのガソリンユニット2種と、LPGを燃料とする最高出力150ps&最大トルク143kgmの排気量2.0L 4気筒エンジンをラインナップ。ギアは、6速のマニュアルトランスミッションないしは6速オートマチックトランスミッションが設定する。ヒュンダイによると、スムーズな乗り心地や正確なハンドリングが特徴。また、クラスをリードする先進の安全装備や利便性も備えている。

ソース

https://indianautosblog.com/2015-hyundai-sonata-p125583

ヒュンダイ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2020