日産 新型 ティアナ フルモデルチェンジ 2014年2月15日発売

日産は新型「ティアナ」のフルモデルチェンジを2014年2月15日に発売した。

目次

新型 ティアナ フルモデルチェンジ

5年半ぶりのフルモデルチェンジとなる今回は北米で販売されているアルティマの姉妹車ということで全長が伸びた。そのぶん旧型のティアナを上回る室内空間となった。

気になるエンジンだが、3.5L V6モデルはなくなり2.5L直4モデルのみでCVTの改良と新型マルチリンクサスペンション採用で安定性よ乗り心地がより上質になった。

2014年2月発売後にはなるが、今後の噂では、2.5L 直4エンジンにスーパーチャージャーを合せ、さらにハイブリッドシステムを組み合わせて、クラスの燃費と3.5L 2LV6レベルの出力を両立を目指しているという。最近で言うと、アコードハイブリッドが同じクラスでライバルとなるが日産ならではの使用が期待できそうだ。

新型 ティアナ フルモデルチェンジ スペックについて

スペック 新型ティアナ
全長 4,880mm
全幅 1,830mm
全高 1470mm
エンジン 2.5L 直4 DOHC
最高出力 127kW(173PS)/
6,000rpm
最大トルク 234Nm(23.9kgm)/
4,000rpm
JC08モード燃費 14.4km/L
価格 2,429,700円~3,045,000円

日産ティアナ

あわせて読みたい
Access Denied

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる