日産 米国モデル 新型 Z 特別仕様車 限定240台「Proto Spec」発売

日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い量産モデルを米国モデルは新型「Z」として2021年8月17日20時(現地時間)日本時間8月18日9時に発表。特別仕様車 限定240台「Proto Spec」をラインナップ。2022年春に米国で発売される予定。認証の関係で、届け出型式はZ35とはならず、Z34のままとなった。

目次

新型 Z フルモデルチェンジ Z34 について

米国市場向けの新型「Z」には、「Sport」と「Performance」の2グレードと、240台の限定生産となる「Proto Spec」が用意。両グレードともVR30DDTTエンジンが搭載され、6速マニュアルトランスミッション(MT)か、新開発の9速ATを選択。

新型 Z フルモデルチェンジ エクステリア

新型「Z」のデザインテーマは「伝統と最新技術の融合」、ロングフードや低重心のリアスタンス、初代モデル(S30型)をはじめとする歴代「Z」へのオマージュを込めたシルエットに仕上げています。例えば、ノーズから四角いテールエンドに向かって流れるようなルーフラインや、テール部分がフロントフェンダーよりもわずかに低くなっていることなどが、独特のサイドシルエットを生み出している。LEDヘッドライトのデザインは、240ZG(S30型)を彷彿とさせる2つの半円がイメージ。リアコンビネーションランプは、Z32型を彷彿とさせるデザインに最先端の技術を取り入れ、新たに3DシグネチャーLEDテールランプを採用。

新型 Z フルモデルチェンジ インテリア

新型「Z」のセンターコンソールは3つのエリアに分かれており、インストルメントパネル上の3連メーター(ブースト計、ターボスピード計、電圧計)は、ドライバーが見やすい位置に配置。12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイを一新し、エンジン回転計の針が真上を指すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅してドライバーにシフトアップを促すなど、重要な情報を一度に表示できるようにしました。ドライバーの好みに合わせて変更できる3つの表示モードも用意。新設計のシフトレバーは、マニュアル、オートマチックともに、握りやすさと快適性を追求。

新型 Z フルモデルチェンジ エンジン

新開発3リッターV6ツインターボエンジン(VR30DDTTエンジン)は、最高出力400hp(405PS)、最大トルク350lb-ft(475Nm)/5,600rpmを発生。出力を大幅に向上しながら、シャープでスムーズなレスポンスを実現。

新型 Z 特別仕様車 「Proto Spec」

米国市場向けの新型「Z」には 「Proto Spec」をラインナップ、専用の黄色いブレーキキャリパー(Zロゴ付)、ブロンズカラーのアルミホイール、黄色がアクセントの本革シートと、黄色のステッチをインテリアの随所に採用。

新型 Z スペックについて

スペックNISSAN Z
全長4,379mm
全幅1,844mm
全高1,316mm
エンジン3.0L V型6気筒
ツインターボ
最高出力400hp(405PS)
最大トルク350lb-ft(475Nm)/5,600rpm
トランスミッション9AT / 6MT
あわせて読みたい
日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 米国モデル「Z」 2021年8月18日 発表 日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い量産モデルを米国モデル「Z」を2021年8月17日20時(現地時間)日本時間8月18日9時に発表。2022年春に米国で発売され...
あわせて読みたい
日産 新型 フェアレディZ VS 旧型 フェアレディZ 何が変わったのか? スペック 新旧 徹底比較 日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い日本モデルは2021年12月に発表、発売する。13年でのフルモデルチェンジとなる。旧型モデル(旧型)と新型とはどの様...
あわせて読みたい
日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 日本モデル 2021年12月発表 発売 日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い日本モデルは2021年12月に発表、発売する。13年でのフルモデルチェンジとなる。予想価格:550〜700万円。 米国モデル...
Nissan
日産:フェアレディZ [ Z ] スポーツ&スペシャリティ/SUV Webカタログ トップ フェアレディZ(Z)の公式サイト。すべては走りのために−日産のクルマづくりに対するこだわりと誇りが息づくスポーツカー、フェアレディZをご紹介します。1969年に初代S30...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる