トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ

トヨタとBMWは共同開発を進めており、それこそ新型スープラと新型Z4だ!新型スープラ A90型は2019年3月発売し、海外としては5代目となり日本国内では3代目となる。

詳細はこちら

日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z35 ハイブリッドあり? 2019年12月発表 2020年発売

NISSAN_FAIRLADY_Z 日産
フェアレディZ 予想CG

日産は新型のフェアレディZのフルモデルチェンジを行い2019年12月に発表2020年に発売する。12年でのフルモデルチェンジとなる。更に初代S30型系が発売されて50周年となる2019年に行われる。

2019年10月24日から11月4日に開催東京モーターショー2019にて世界公開する。

予想価格:550〜700万円

新型フェアレディZ Z35型系について

現行まではクーペモデルがメインであったが、今回の新モデルはオープンモデルがメインだと言われている。しかし、コストなどを考えて・・・フルオープンではなくTバールーフ(T-BarRoof)のような形状ではないかと言われている。

フェアレディZの2代目 S130型系(1978年 – 1983年)では追加モデルとしても存在している。しかしその後、Zロードスターと統合されくTバールーフが存在しなくなった。

しかし、世界ではオープンカーが最近は人気もあり、新型ロードスター RF リトラクタブルハードトップモデルも2016年12月発売、価格競争で勝つためにも採用すると思われる。

新型 スカイライン(インフィニティ Q50)のエンジンを流用し、直列4気筒2.0LターボエンジンやV型6気筒3.0Lターボエンジンを採用する。今回からハイブリッドグレードをラインナップ、新型スカイラインハイブリッドのエンジンを流用、V型6気筒 3.5LDOHC+モーターを採用する。ハイブリッドシステムを組み合わせ燃費も両立をする。

Nissan Vmotion 2 Concept_0492

Nissan Vmotion 2.0 Concept

新型 フェアレディZ Z35型系 搭載エンジンについて

エンジンはメルセデス・ベンツ製のエンジンを採用しエントリーモデルとして採用する。

skyline_102.jpg

メルセデス・ベンツ 製 直列4気筒2.0L ターボチャージャー付ガソリンエンジン

エントリーモデル

スペックエントリーモデル
エンジン直列4気筒2.0Lターボエンジン
最高出力211ps/5500rpm
最大トルク35.7kgm/1250-3500rpm
トランスミッション7速AT

上位グレードに採用される。

スペック上位グレード
エンジンV型6気筒3.0Lターボエンジン
最高出力406ps/6400rpm
最大トルク48.4kgm/1600-5200rpm
トランスミッション7速AT

ハイブリッド

スペックハイブリッド
エンジンV型6気筒 3.5LDOHC VQ35HR型
最高出力306ps/6800rpm
最大トルク35.7kgm/5000rpm
モーター最高出力68ps
モーター最大トルク29.6kgm
トランスミッション7速AT
バッテリーリチウムイオン電池

価格は500~700万円前後ではないかと言われている。

benz_te_01.jpg

(V型6気筒3.0Lのターボエンジン)

新型フェアレディZ Z35型系 エクステリアについて

新型ティアナのコンセプトになったVモーション 2.0 コンセプトのようなフロントの大型のVmotionグリルを採用。

ウェッジシェイプのフォルムやエッジが強調されたディティールとなる。更に、全長、全幅を伸ばしZ34型系よりもボディサイズが大きくなる。

Nissan Vmotion 2 Concept_0493

Nissan Vmotion 2.0 Concept

Nissan Vmotion 2 Concept_0494

Nissan Vmotion 2.0 Concept

ライバル車について

フェアレディZのライバル車となるのは今話題となっているトヨタ新型スープラとBMW 新型Z4となる。更にはホンダのS2000 (ZSX)もライバルとなるだろう。

各社ともに、スポーツカーへの開発コストがキーワードになっておりスポーツカー市場への挑戦は自動車メーカーのイメージアップにもつながる一方で売れる車種とはなりずらい。

しかし、最近では多くのスポーツカーが復活を果たしており新型フェアレディZも話題となることは間違えなさそうだ!!

スペック新型フェアレディZ
全長4,450mm
全幅1,870mm
全高1,300mm
ホイールベース2,600mm
エンジンV型6気筒 3.5LDOHC VQ35HR型
最高出力306ps/6800rpm
最大トルク35.7kgm/5000rpm
モーター最高出力68ps
モーター最大トルク29.6kgm
トランスミッション7速AT
バッテリーリチウムイオン電池
駆動方式FR
JC08モード燃費20.0km/L
価格500~700万円

フェアレディZについて

初代 S30型系は1969年に先代モデルであるオープンボディのダットサン・フェアレディに代わって発売された。

2代目 S130型系 1978年8月にフルモデルチェンジ、キープコンセプトで先代のロングノーズ ショートデッキスタイルを継承しながら、2代目はややワイドサイズとなって登場。

初代 S30型系、2代目 S130型系は北米市場を中心に大ヒットした。
2代目 S130型系は刑事ドラマ「西部警察」に登場する警察車両、「スーパーZ」として使用され
人気を集めた。

3代目 Z31型系 ロングノーズ・ショートデッキというZのコンセプトを引き継ぎながら、空力性能を重視して、エクステリアをシェイプアップした3代目が登場。

4代目 Z32型系 1989年7月10日から、完璧なスーパースポーツカーを目指し登場。2000年12月販売終了。一時的に絶版車種となった。

5代目Z33型系 2002年7月30日発売開始。現行モデルは6代目Z34型系2008年12月1日から発売開始。5代目を更に進化させ、スカイラインなどでも採用された3.7LのVVELエンジンを搭載した。

FAIRLADYZ

FAIRLADYZ

FAIRLADYZ

 FAIRLADYZ

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

http://blog.caranddriver.com/next-generation-nissan-z-sports-car-to-get-targa-roof-hybrid-power/

http://www.autoevolution.com/news/potential-nissan-390z-fairlady-z-rendered-looks-good-but-will-it-happen-98139.html

http://www.autoexpress.co.uk/nissan/98437/new-nissan-z-car-concept-gearing-up-for-tokyo-2017

http://www.topspeed.com/cars/nissan/2018-nissan-z-ar132433.html

日産 フェアレディZ

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/z.html

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019