日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 米国モデル「Z」 2021年8月18日 発表

日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い量産モデルを米国モデル「Z」を2021年8月17日20時(現地時間)日本時間8月18日9時に発表。2022年春に米国で発売される予定。

「フェアレディZ」のプロトタイプを2020年9月16日に公開した。当初「ニューヨークモーターショー2021」内で発表される予定であったが開催を中止すると2021年8月4日(現地時間)に発表。それに伴い日産のみでイベントをオンラインで開催する。認証の関係で、届け出型式はZ35とはならず、Z34のままとなった。

あわせて読みたい
ニューヨークモーターショー2021 開催をキャンセル 2021年8月4日発表 ニューヨーク国際オートショーの公式サイトにて「ニューヨークモーターショー2021」を開催を中止すると2021年8月4日(現地時間)に発表した。 【新型コロナウィルス デ...
目次

新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 について

新開発3リッターV6ツインターボエンジン(VR30DDTTエンジン)は、最高出力400hp(405PS)、最大トルク350lb-ft(475Nm)/5,600rpmを発生。出力を大幅に向上しながら、シャープでスムーズなレスポンスを実現。

新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 米国モデル「Z」

米国市場向けの新型「Z」には、「Sport」と「Performance」の2グレードと、240台の限定生産となる「Proto Spec」が用意。両グレードともVR30DDTTエンジンが搭載され、6速マニュアルトランスミッション(MT)か、新開発の9速ATを選択。また、「Proto Spec」には、専用の黄色いブレーキキャリパー(Zロゴ付)、ブロンズカラーのアルミホイール、黄色がアクセントの本革シートと、黄色のステッチをインテリアの随所に採用。

新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 エクステリア

新型「Z」のデザインテーマは「伝統と最新技術の融合」、ロングフードや低重心のリアスタンス、初代モデル(S30型)をはじめとする歴代「Z」へのオマージュを込めたシルエットに仕上げています。例えば、ノーズから四角いテールエンドに向かって流れるようなルーフラインや、テール部分がフロントフェンダーよりもわずかに低くなっていることなどが、独特のサイドシルエットを生み出している。LEDヘッドライトのデザインは、240ZG(S30型)を彷彿とさせる2つの半円がイメージ。

リアコンビネーションランプは、Z32型を彷彿とさせるデザインに最先端の技術を取り入れ、新たに3DシグネチャーLEDテールランプを採用。

新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 インテリア

新型「Z」のセンターコンソールは3つのエリアに分かれており、インストルメントパネル上の3連メーター(ブースト計、ターボスピード計、電圧計)は、ドライバーが見やすい位置に配置。12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイを一新し、エンジン回転計の針が真上を指すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅してドライバーにシフトアップを促すなど、重要な情報を一度に表示できるようにしました。ドライバーの好みに合わせて変更できる3つの表示モードも用意。新設計のシフトレバーは、マニュアル、オートマチックともに、握りやすさと快適性を追求。

新型「フェアレディZ」 スペック

スペック フェアレディZ
全長 4,379mm
全幅 1,844mm
全高 1,316mm
エンジン 3.0L V型6気筒
ツインターボ
最高出力 400hp(405PS)
最大トルク 350lb-ft(475Nm)/5,600rpm
トランスミッション 9AT / 6MT
ホイール/タイヤ フロント255/40R19、リア285/35R19

新型「フェアレディZ」プロトタイプについて

「フェアレディZ 」プロトタイプは、内外装のデザインを一新、V6ツインターボエンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせたパワートレインを搭載。

新型「フェアレディZ」プロトタイプ エクステリア

初代S30型のシルエットやフロント&リアのアイコニックなモチーフを引き継いだ魅力的なデザイン。また、歴代Zの持つ黄色をソリッドパールの光と影のコントラストにより世界に類を見ない鮮やかでメリハリのある黄色いボディカラーを開発しました。さらにブラックルーフとの組み合わせによりモダンで未来的なカラーコンビネーションをデザインした。

fairlady z prototype

フードのバルジ形状やLEDヘッドランプのティアドロップ形状は、S30型のデザインを彷彿とさせている。四角いジオメトリックなグリル開口も歴代Zの持つアイコンを継承、内側の楕円形のフィンはリアコンビなどにも使われている統一されたグラフィックによってZ独自の世界観を印象づけるだけでなく、スポーティーさとエレガントさを兼ね備えたデザインが表現。「LEDヘッドライトにある2つの半円のデザインは、1970年代に販売された「240ZG」をイメージ。「240ZG」はヘッドライトのドーム型レンズによって円状のリフレクションを作り出すデザインを採用。

リアのデザインは、S30やZ32などいくつかの歴代Zが持つテールランプからインスピレーションを得たデザインテーマを現代風にアレンジし、より魅力的でZ特有のデザインに仕上げた。

カーボンで成型されたサイドシルやリアバンパー、フロントバンパー下のチンスポイラーはスポーツカーとしてのパフォーマンスの高さを感じる、19インチのアルミホイールと左右に配されたマフラーがある。

新型「フェアレディZ」プロトタイプ インテリア

インテリアデザインは、プロのレーシングドライバーと共に理想的なメーターデザインや室内空間の在り方を検討。それを最も特徴づける部分は、12.3インチのフルデジタルメーターディスプレイ。エンジン回転計の針が真上を示すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅しドライバーにシフトアップを促し、スポーツドライビングをアシスト。新たにデザインされたZ専用のステアリングは、スポーツカーであることを表現するディープコーン形状とし、操作性のよいグリップ形状や視認性良くまとまったスイッチ類によってスポーツカーとしての性能を最大限引き出すポテンシャルを兼ね備えたデザインとした。

fairlady z prototype

新型「フェアレディZ」プロトタイプ エンジン

6速のマニュアルトランスミッションが組み合わされたV6ツインターボエンジンが搭載。

新型「フェアレディZ」プロトタイプ スペック

スペック フェアレディZ プロトタイプ
全長 4,382mm
全幅 1,850mm
全高 1,310mm
エンジン V-6 ツインターボ
トランスミッション 6速MT
ホイール/タイヤ フロント255/40R19、リア285/35R19

日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z35 2021年発売

あわせて読みたい
日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 日本モデル 2021年12月発表 発売 日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い日本モデルは2021年12月に発表、発売する。13年でのフルモデルチェンジとなる。予想価格:550〜700万円。 米国モデル...

日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ 2020年9月16日世界初公開

あわせて読みたい
日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ 2020年9月16日世界初公開 日産は新型「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い2021年発売するが、米国にて9月15日19時30分から(日本時間は2020年9月16日9時30分から)50年にわたる情熱と歴...

日産ニュースリリース

日産自動車ニュースルーム
「フェアレディZ プロトタイプ」を公開 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、日産パビリオンにおいて、日産を代表する歴史あるスポーツカーである「フェアレディZ」のプロトタイプ...
日産自動車ニュースルーム
日産自動車、新型「Z」をニューヨークで初公開 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は18日、ニューヨークで開催された特別イベントで、新型「Z」(米国市場向けモデル)を初公開しました。日...
日産ストーリーズ グローバル
「フェアレディZ プロトタイプ」のデザイン誕生秘話 日産のデザイン担当役員がプロトタイプ誕生の経緯を語る

フェアレディZ

Nissan
日産:フェアレディZ [ Z ] スポーツ&スペシャリティ/SUV Webカタログ トップ フェアレディZ(Z)の公式サイト。すべては走りのために−日産のクルマづくりに対するこだわりと誇りが息づくスポーツカー、フェアレディZをご紹介します。1969年に初代S30...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる