スバル 新型 フォレスター D型 何が変わったのか? スペック 新旧 徹底比較

スバルは「フォレスター」のマイナーチェンジを行いD型を行い2021年8月頃に発売する。今回はマイナーチェンジであるがエクステリア以外に中身は大きく変化している、一体何が変わったのか比較してみた。

目次

フォレスターについて

スバルは「フォレスター」のフルモデルチェンジを行い日本では、2018年5月18日 各ディーラーにて先行予約開始。2018年6月20日に発表。2018年7月19日に発売開始。2018年9月14日にマイルドハイブリッドモデル 「e-BOXER」を追加する。新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」を採用する。新型となり、水平対向4気筒DOHC 2.5L 直噴エンジン 「FA25型」NAと2.0L 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン 「FB20型」+モーターアシストを搭載した「e-BOXER」ハイブリッドモデルをラインナップ。

スバル新デザインフィロソフィー“DYNAMIC × SOLID”を全面採用すると共に、内外装の質感を大幅向上させる。歩行者保護エアバッグ 全車標準装備。エンジン、トランスミッション、ブレーキなどをコントロールするデュアルモード「X-MODE」を搭載。乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を搭載。最大5人まで登録が可能。ステレオカメラを用いた先進運転支援システム「アイサイト」を搭載。

一部改良を行いC型として2020年10月22日に発売する。年次改良となる今回は新グレード「SPORT」を追加。「新開発 1.8L 水平対向直噴ターボ“DIT”エンジン」最高出力130kW(177ps)/5,200-5,600rpm、最大トルク300Nm(30.6kgfm)/1,600-3,600rpmを採用、第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。

新型 フォレスター D型 マイナーチェンジ

今回はD型となりマイナーチェンジとなるためエクステリアのデザインとインテリアデザインを変更する。フロントバンパー、ヘッドライド、リアバンパーのデザイン変更を行いイメージを変更する。「新世代アイサイト」を採用。ボディカラーは新色3つ追加「カスケードグリーン・シリカ」「オータムグリーン・メタリック」「ブリリアントブロンズ・メタリック」が新設定し全10色とした。

新型 フォレスター エクステリア比較 

フロントバンパー、ヘッドライド、リアバンパーのデザイン変更を行いイメージを変更する。

新型 フォレスター エクステリア

旧型 フォレスター エクステリア

FORESTER SPORT

新型 フォレスター ボディサイズ比較

全長は+15mmとしたがその他は同じサイズとなる。

スペック 新型フォレスター フォレスター 比較差
全長 4,640mm 4,625mm +15mm
全幅 1,815mm 1,815mm +0mm
全高 1715〜1,730mm 1715〜1,730mm +0mm
ホイールベース 2,670mm 2,670mm +0mm

新型フォレスター インテリア比較

本革シート[ブラウン(シルバーステッチ)]から本革[ブラック or ブラウン(シルバーステッチ)]としたことで日本人にとってオシャレで選択しやすいインテリアカラーとなった。

新型 フォレスター インテリア

旧型 フォレスター インテリア

2019-Subaru-Forester

新型フォレスター「新世代アイサイト」搭載

先進の運転支援システム「アイサイト」を全グレード標準搭載。「新世代アイサイト」を採用。交差点においてもこれまで以上に多くのシチュエーションで安全運転を支援。

システム アイサイト
Ver.3
次世代
アイサイト
方式 ステレオカメラ
(CMOS)
ステレオカメラ
(CMOS)
プリクラッシュ
セーフティ
◯(50km/h以下)
歩行者衝突回避 ◯(35km/h)
交差点
プリクラッシュブレーキ
前側方
プリクラッシュブレーキ
緊急時プリクラッシュ
ステアリング
全車速追従機能付
クルーズコントロール
ツーリングアシスト

(0km/h〜
約120km/h)

(0km/h〜
約120km/h)
先行車追従操舵
車線中央維持
(0km/h以上)

(0km/h以上)
車線逸脱抑制
(65km/h以上)
停止保持
車間距離 4段階 4段階
AT誤発進抑制
AT誤後進抑制
後退時ブレーキ
アシスト
自車のふらつき警報
(60km/h以上)
車線逸脱警報
(40km/h以上)
ハイビーム
アシスト
リアビークル
ディテクション
ボイス
インフォメーション
ドライバー異常時対応システム
信号機お知らせ機能
デジタルマルチビューモニター

新型 フォレスター D型 マイナーチェンジ スペック

スペック 新型フォレスター
全長 4,640mm
全幅 1,815mm
全高 1715〜1,730mm
ホイールベース 2,670mm
モデル e-BOXER エンジン ガソリンモデル
エンジン 2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン
「FB20型」
+モーターアシスト
「e-BOXER」
1.8L DOHC 直噴
ターボエンジン “DIT”
CB18型
最高出力 107kW(145PS)/
6,000rpm
130kW(177ps)/
5,200-5,600rpm
最大トルク 188Nm(19.2kgm) /
4,000rpm

300Nm(30.6kgfm)/
1,600-3,600rpm

モーター
最高出力
10kW(13.6ps)
モーター
最大トルク
65Nm(6.6kgm)
トランスミッション CVT(リニアトロニック)
駆動方式 AWD
バッテリー リチウムイオンバッテリー
(4.8Ah)
JC08モード燃費 18.6km/L 16.5km/L
WLTCモード燃費 14.0km/L 13.6km/L
あわせて読みたい
スバル 新型 フォレスター D型 マイナーチェンジ 2021年8月19日正式発表 スバルは「フォレスター」のマイナーチェンジを行いD型として2021年6月14日発表した。2021年8月19日に正式発表し発売。 【新型 フォレスター D型 マイナーチェンジ】 今...

スバルニュースリリース

あわせて読みたい
Access Denied

フォレスター

あわせて読みたい
Access Denied

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる