MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ヒョンデ 新型EV「アイオニック5」 新型FCEV「ネッソ」日本で2022年5月2日オンライン販売開始

当ページのリンクには広告が含まれています。

ヒョンデは、電気自動車(BEV)の新型「アイオニック5」と、燃料電池車(FCEV)の新型「ネッソ」をオンライン販売を5月2日正午から販売開始。2022年7月より順次納車予定。

目次

新型 IONIQ 5 について

専用「BEVプラットフォームE-GMP(Electric-Global Modular Platform)」を採用。現代自動車グループの専用BEVアーキテクチャに基づいて構築されており、細長いホイールベース上で独自のプロポーションを持つ。IONIQ 5は、E-GMPを使用して、多くのタッチポイントで環境に優しい素材を使用した革新的なインテリアデザイン、超高速充電とVehicle-to-Load(V2L)機能を組み合わせた強力なパフォーマンス、高度な接続機能とドライバー支援機能を提供する。RWDとAWDパワートレイン、58キロワット時または73キロワット時のバッテリーパックを用意。350kWの急速充電器に接続して、わずか18分で80%の充電に達する。オンボードの10.5kW充電器での充電時間は、小型バッテリーの場合は5時間弱、大型バッテリーのモデルの場合は6時間強。

新型 IONIQ 5 エクステリア

「IONIQ 5(アイオニック 5)」のユニークなエクステリアデザインは、3,000mmのホイールベースにインスパイアされたプロファイルが特徴。車のフロントには、ヒュンダイ初のクラムシェルフードが装備されており、パネルの隙間を最小限に抑えて最適な空気力学を実現。フロントバンパーは、IONIQ 5に特有の紛れもないライトシグネチャーを提供する独特のデイタイムランニングライト(DRL)を組み込んだ人目を引くV字型によって定義。これらの小さなピクセルのようなクラスターは、車両の後部にも現れる。

新型 IONIQ 5 インテリア

インテリアはフラットフロアとユニバーサルアイランドで快適さと使いやすさを採用。ユニバーサルアイランドは、140mmもスライドできる可動式のセンターコンソール。バッテリーが保管されている平らな床とともに、車内での移動の自由度を高めている。床にバッテリーが収納されているため、革新的なインテリアデザインと足元のスペースが広がる。I電子的に調整可能なフロントシートも装備。シートは最適な角度にリクライニングし、乗員に無重力感を与え。ヒュンダイは前席の厚みを30%減らし、2列目席のスペースを確保。、ムード照明、音響フロントガラス、AndroidAutoとAppleCarPlayを備えた12.3インチのインフォテインメントシステム、12.3インチのデジタル機器クラスター、ワイヤレス充電、布製の布張りなどを採用する。

新型 IONIQ 5 安全技術について

アクティブセーフティシステムの次のレベルのSmartSenseスイートを搭載。これにより、新しいIoniq 5は「前方衝突防止アシスト(FCA)」「ブラインドスポット衝突防止アシスト(BCA)」「インテリジェント速度制限アシスト(ISLA)」「(DAW)、ハイビームアシスト(HBA)」ドライバー注意警告に加えて、ハイウェイドライビングアシスト2を提供する最初のヒュンダイ車となる。

新型 IONIQ 5 スペック

58kWhまたは73kWh の2つのバッテリーパックオプションと、リアモーターのみまたはフロントモーターとリアモーターの両方を備えた2つの電気モーターレイアウトから選択できる。すべてのPEバリエーションは、卓越した航続距離を提供し、最高速度185 km/hを実現。

電気モーターのラインナップの最上位には、73kWhのバッテリーと組み合わせた全輪駆動(AWD)オプション、最高出力225kWと605Nmのトルクを組み合わせた出力を生成。このPE構成は、0km/h-100km/h加速5.2秒になる。2WDと72.6 kWhのバッテリーを搭載した場合、IONIQ 5の1回の充電での最大走行距離は、Worldwide Harmonized Light Vehicle Test Procedure(WLTP)規格に従って、約380〜480kmになる。

スペック 新型IONIQ 5
全長 4,635mm
全幅 1,890mm
全高 1,605mm
ホイールベース 3,000mm
パワーレーン モーター
グレード IONIQ5 Voyage IONIQ5 Lounge IONIQ5 Lounge
フロント最高出力 125kW(167HP) 160kW(214HP) 225kW(302HP)
フロント最大トルク 350Nm 350Nm 350Nm
0〜100 km/h 8.5秒 7.4秒 5.2秒
駆動方式 2WD(FF) 4WD
バッテリー 58kWh 73kWh
航続距離 386km 482km 461km
価格 479万円 519万円 589万円

新型 NEXO FCEV(燃料電池車)

「NEXO」は、SUVタイプのFCEV(燃料電池車)で、水素電気自動車である。水素と酸素の化学反応によって生まれた電気エネルギーが、インバーターを経てモーターを駆動させるメカニズムを基盤。このプロセスでは少量の水が排出されるだけで、環境汚染物質は全く排出されない。1回約5分の充填でのWLTCモード航続距離約820km(自社測定値)を実現。

新型 NEXO FCEV(燃料電池車)エクステリア

エクステリアには「カスケーディンググリル」を採用しフルLEDコンポジットライトと視覚的に調和するデザイン、前面部をワイドでスポーティなイメージとした。「フルLEDコンポジェットライト」を採用、ヘッドランプとLEDデイタイムランニングライト(DRL)/ポジショニングランプが前面部のセパレートタイプになっている。「オートフラッシュドアハンドル」走行時はドアの内側に格納され、乗車時や降車時に自動的にポップアップする最先端のドアハンドルシステム。バンドルがボディと一体化しており空気抵抗を下げる効果により空力性能を高める。「LEDリヤコンビネーションランプ」ヘッドランプとの統一感をもたせたコンビランプデザインを採用。ボディサイズは全長4670mm、全幅1860mm、全高1,640mm、ホイールベース2,790mm。

新型 NEXO FCEV(燃料電池車)インテリア

インテリアには「2本スポークステアリングホイール」ツートンカラーのユニークなスタイルを採用。「回生ブレーキコントロールパドルシフト」減速したりブレーキをかける際の回生ブレーキの強さを段階別に調整し駆動用バッテリーに充電する。「電動式シフトボタン(SBW)」一般的な形のギアノブの代わりにボタン式を採用。アメリカのプレミアムオーディオブランド・クレル(KRELL)製プレミアムサウンドシステムを搭載。12.3インチのワイドディスプレイを採用し「Apple CarPlay」「Android Auto」対応。USBポートまたはワイヤレス機能を使って接続可能。「スマートパワーテールゲート」を採用、スマートキーを持って近づくとテールゲートが自動に開く。

新型 NEXO FCEV(燃料電池車)スペック

40kWh のバッテリーパックと駆動用モーターは最高出力120kW(163PS)、最大トルク395Nmを発生する、最高速は179km/hを実現する。

スペック新型NEXO
全長4,670mm
全幅1,860mm
全高1,640mm
ホイールベース2,790mm
FCスタック固体高分子形 圧縮水素:3本
モーター最高出力120kW(163ps)
モーター最大トルク395Nm/(40.3kgm)
駆動用バッテリーリチウムイオン6.5Ah
駆動方式前輪駆動
乗客定員5名
最高速度179km/h
WLTCモード
航続距離
約820km

ヒョンデ

https://www.hyundai.com/jp/

https://www.hyundai.com/jp/ioniq5

https://www.hyundai.com/jp/nexo

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次