MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ アキュラ 「プレシジョン EVコンセプト」 クロスオーバーEV スピード ボートにインスパイア 2022年8月18日世界初公開

ホンダの米国「アキュラ」としてクロスオーバーSUVスタイルの「プレシジョン EVコンセプト(Acura Precision Concept)」2022年8月18日(現地時間)に世界初公開した。2024年に登場するダイナミックなスタイルのEVクロスオーバーSUVである。2022年8月19日に開催されるモータースポーツ ギャザリングである The Quailで一般公開され、2022年8月21日にペブル ビーチ コンクール デレガンス コンセプト ローンで展示される。

目次

ホンダ アキュラ 「プレシジョン EVコンセプト」

「アキュラ プレシジョン EV コンセプトは、2024年に登場する当社初の完全電動 SUV を含む、電動化時代における将来のアキュラ製品の方向性を形作る設計研究です」と、アキュラ ナショナル セールスのアシスタント バイス プレジデントであるエミール コルコル氏は述べている。

アキュラは、「エキサイティングな電化された未来」に移行するブランドの今後のデザインにインスピレーションを与える「北極星」と表現、その形状は「エレガンス、芸術性、および豪華なイタリアのパワーボートに特有の形状と機能の調和に触発された」という。

アキュラのダイヤモンド ペンタゴン グリルを進化させた。EVは内燃機関車のように空気を吸う必要がないため、照明付きのセクションはブランドの美学を維持し、ネガティブ スペースではなく照明のダイヤモンド パターンを採用。フロントエンドには、AcuraのDRL ライト シグネチャが引き続き搭載、「パーティクル グリッチ」エフェクトが追加。コンセプトでは幅 23インチのテールライトとホイールで繰り返される。「アキュラ プレシジョン EV コンセプト」は、プレシジョン クラフテッド パフォーマンスの「シームレスでダイナミック」なエクステリア デザイン言語に基づいて構築されており、フロント フェイシアが際立っており、EV 向けの次世代のシームレス イルミネーション フェイシアを強調。

居住者はプレミアムで持続可能な素材のコレクションで扱われます。シートはバイオマス レザーで覆われ、ステアリング ホイールのセカンダリ コントロールのアルミニウムとグリーン キャスト アクリルはリサイクル素材で作られています。プラネットレス。

一方、デザインは変更可能であると想定されています。フォーミュラ 1にインスパイアされたステアリング ホイールと低めのドライビング ポジションにより、アキュラはインテリアをスポーティに感じさせようとしています。実際、インストルメント クラスターのディスプレイを、赤いアンビエント ライティングを備えたモータースポーツにインスパイアされた外観に変更する「Instinctive Drive Mode」がある。

アキュラは「スピリチュアル ラウンジ モード」も追加しており、ステアリング ホイールを格納し、心地よい香りをキャビンに送り込み、室内照明で「水中」アニメーション プロジェクションを再生。このモードで車両が「完全な運転自動化体験」ができると述べています。

アキュラニュースリリース

https://acuranews.com/en-US/releases/acura-precision-ev-concept-debuts-at-monterey-previews-future-design-language-for-electrified-era

https://www.acura.com/future-vehicles

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次