MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ランボルギーニ ハイパフォーマンスモデル 新型「ウルス ペルフォルマンテ」2022年8月19日世界初公開

ランボルギーニはスーパーSUV「ウルス」のハイパフォーマンスモデル「ウルス ペルフォルマンテ(Urus Performante)」を米カリフォルニア「モントレーカーウイーク」にて2022年8月19日(現地時間)世界初公開した。価格は米国で 260,676 ドルから 日本での価格は未定。

目次

ハイパフォーマンスモデル「ウルス ペルフォルマンテ」について

「ランボルギーニの画期的なスーパーSUV の最高のパフォーマンスと独特のルックスを次のレベルに引き上げる」ように設計されたウルス ペルフォルマンテは、アグレッシブなフロント バンパーとベンチレーテッド カーボン ファイバー フードが特徴。

カーボンファイバーディフューザーとカーボンリアバンパーが装備。さらに、「特徴的なランボルギーニの響き」を生み出すアクラポビッチ チタニウム製スポーツ エグゾースト システムが組み合わされている。よりスポーティなスタンスを実現するために、 足まわりにも大きく手を加え、 20mm低くする新しいスチール スプリングに乗っています。トレッドも16mm増加し、クロスオーバーはチタン製ボルトと特別に開発された「ピレリ P Zero タイヤ」を備えた 22 または 23 インチの軽量ホイールを採用。

スポーティなスタイリングは、モデルが六角形のアクセントを特徴とするブラックのアルカンターラシートを標準装備、キャビンでも継続。バイヤーはまた、黒の陽極酸化アルミニウムトリムと平底の革/アルカンターラスポーツステアリングホイールを見つける。

ランボルギーニは、マットブラック処理を施したさまざまなコントロールとスイッチを表示するダークパッケージを含む、多くのオプションを提供します. 顧客は、マットカーボンファイバートリムや赤いドアハンドルなどのAd Personamオプションと同様に、革を選ぶこともできる

軽量化より重量を 104 ポンド (47 kg) 削減され、パワーが向上、4.0 L V8 ツインターボエンジンは、最高出力657 hp (490 kW / 666 PS) と 最大トルク627 lb-ft (850 Nm) 。「ウルス」と比べて最高出力16hp (12kW/16PS) の増加、0-100km/h加速3.3秒で加速、最高速度306km/h)に達する。

Urus Performante はパイクス ピークで10:32.064 のタイムで新記録を樹立したことで、そのモデルとしての地位をすでに証明。これまでの SUV 記録の 10:49.902 を上回っている。

Urus Performante

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/urus/urus-performante

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次