MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

より魅力的になった「CX-5」商品改良で「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を新設定

マツダは「CX-5」商品改良(年次改良)を行い日本にて2022年10月14日に発表、11月中旬に発売開始する。

目次

マツダ 新型 CX-5 商品改良 について

マツダが独自の特別塗装色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を採用

「Apple CarPlayワイヤレス接続機能」を追加。

USB端子をType AからType Cに変更。

「スノーフレークホワイトパールマイカ」を廃止。

「BLACK TONE EDITION」を廃止。

今回の「CX-5」の商品改良ではUSB端子をType AからType Cに変更。Apple CarPlayワイヤレス接続機能を採用。マツダが独自の特別塗装色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を採用新型SUV「CX-60」から採用されると発表されている「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」をCX-5にも採用する。

魂動デザインのテーマでもある「日本の美」「引き算の美学」にもとづき、雑味のないピュアな白さと、粒子のきめが細かく面による陰影表現を際立たせる金属質感を両立しているのが特徴。ソウルレッドクリスタルメタリック、マシーングレープレミアムメタリックに続く第3弾。匠塗を進化させることで、優れた表現性を持つカラーを、クリア層、反射層、カラー層(発色層)の三層のみで量産化することに成功している。カラー層(発色層)には、新開発の白色顔料で絹のようなきめ細かな白さを表現した。カラー層(発色層)には、新開発の白色顔料で絹のようなきめ細かな白さを表現。従来、白系色は下地が透けやすく、他の色より塗膜が厚くなる傾向にありましたが、新開発の顔料の採用により、塗膜の厚さを従来比で約30%削減。省資源化や生産工程でのCO2排出削減に貢献。

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-60 新世代ラージ商品群の第1弾 日本モデル 2022年9月15日発売 マツダは新世代ラージ商品群の第1弾の新型クロスオーバーSUV「CX-60」を日本モデルを2022年4月7日発表した。「e-SKYACTIV D」搭載モデルを2022年9月15日発売。そのほか...
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-5 商品改良 更なる向上へ 2022年11月中旬発売 マツダは「CX-5」商品改良(年次改良)を行い日本にて2022年10月14日に発表、11月中旬に発売開始する。 【マツダ 新型 CX-5 商品改良 について】 今回の「CX-5」の商品...

新型 CX-5 スペックについて

スペック

CX-5
SKYACTIV-G 2.0

CX-5
SKYACTIV- D 2.2

CX-5
SKYACTIV-G 2.5

全長4,545mm4,545mm4,545mm
全幅1,840mm1,840mm1,840mm
全高1,690mm1,690mm1,690mm
ホイールベース2,700mm2,700mm2,700mm
エンジンSKYACTIV-G 2.0
2.0L 直列4気筒
エンジン
SKYACTIV- D 2.2
2.2L 4気筒
直噴ターボ
ディーゼルエンジン
SKYACTIV-G 2.5
2.5L 4気筒 直噴
ガソリンエンジン
最高出力114kW(155PS)/
6,000rpm
140kW(190PS)/
4,500rpm
140kW(190PS)/
6,000rpm
最大トルク196Nm(20.0kgm)/
4,000rpm
450Nm(45.9kgm)/
2,000rpm
251Nm(25.6kgm)/
3,250rpm
トランスミッション6速AT6速AT6速AT
駆動方式2WD2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
乗車定員5名5名5名
JC08モード燃費16.0km/L2WD車19.0km/L /
4WD車18.0km/L
2WD車14.8km /
4WD車14.2km/L

マツダ ニュースリリース

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2022/202210/221014a.html

CX-5

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次