MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

パイオニア 会話するドライビングパートナー「NP1」を2022年3月2日発売

NP-1

パイオニアはドライビングパーソナル音声AIを搭載した、「音声」と「通信」でドライブ環境を革新する、ドライビングパートナー「NP1」を2022年3月2日に発売すると2022年2月10日発表した。

目次

ドライビングパートナー「NP1」

「NP1」は、新開発のモビリティAIプラットフォーム「Piomatix(パイオマティクス)」を初めて採用、音声だけで操作や検索を行える。通信の常時接続により、常に最新の地図や機能で音声によるルート案内や情報提供が可能。Cerence社の自然対話型音声認識エンジンを採用、ドライビングパーソナル音声AIと組み合わせることで、車に最適化した音声コミュニケーションを実現。また、録り逃しの無いクラウドドライブレコーダー機能、車室内をオンライン化するWi-Fiスポット機能、新体験のドライブコミュニケーション機能など多彩な機能を搭載。OTA(Over The Air)で新機能を追加・アップデートすることができ、ドライバーの運転スタイルを学習しながら、より個々に最適なデバイスへと進化。 

音声だけで操作・案内する「スマート音声ナビ」

行き先や周辺施設などさまざまな情報を、本機に話しかけるだけで検索でき、ルート情報や検索結果も音声で案内。助手席で誰かが教えてくれているような分かりやすい案内が受けられるので、ドライバーは視線を前方に集中でき、安全でスムーズな運転が可能。

クラウドドライブレコーダー

前方用と車内/後方用の2つのカメラを搭載。録画映像は、通常時のSDカード保存に加え、衝撃検知時や、ユーザーの音声や手動による操作時にはクラウドにも自動保存を行う。もしもの時にも録り逃しの心配が無く、スマートフォンで簡単に録画映像を確認することができる。駐車中に衝撃を検知して録画する「駐車異常通知」機能や、美しい景色や車内の様子など残しておきたい場面を音声だけで撮影・録画できる機能、トラブルになりそうな後方車の接近を通知する「後続車異常接近通知」機能も搭載。 

スマートフォン専用アプリケーション「My NP1」 

おすすめの使い方や新機能の追加情報、目的地検索・案内・録画映像の確認、本機の設定など、「NP1」をより便利にご利用いただくためのスマートフォン専用アプリケーション。

車室内をオンライン化する「クルマWi-Fi」

Wi-Fiスポット機能を搭載。車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を別途契約すると、LTEデータ通信を定額で制限なく利用可能。手持ちのスマートフォンやタブレット端末を最大5台まで接続でき、動画・音楽などのストリーミング再生やオンラインゲームなどのコンテンツを車内で快適に楽しめる。1日・30日・365日と利用用途・期間に合わせ3つの料金プランがあり、スマホ専用アプリ「My NP1」から申し込みができる。

ドライビングパートナー「NP1」購入プラン

プラン価格(10%)
ベーシックプラン
(通信+サービス利用料1年分付)
65,780円
バリュープラン
(通信+サービス利用料3年分付)
93,500円

パイオニアニュースリリース

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2657/rel=__

NP1

https://jpn.pioneer/ja/np1/

NP-1

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次