ポルシェ

ポルシェ 新型 カイエンターボGT 最速のポルシェSUV 2021年6月30日発表

2021年7月1日

ポルシェは、クーペSUV「カイエンクーペ」の最上位モデルとなる新型「カイエンターボGT」を2021年6月30日発表した。同日から日本受注を開始し、価格は27,250,000円。

新型 カイエンターボGTについて

スペック

「カイエンクーペ」専用グレードである「カイエンターボGT」は最速のポルシェSUVになることを約束。エンジンには4.0LツインターボV8に最高出力90 PS(67 kW / 90 HP)最大トルク80Nmから850Nm(626 lb.-ft)増加し、合計最高出力640 PS(471 kW / 631 hp)なる。クランクシャフト、ターボ、インダクション、およびインタークーラーを改訂することにより、最も強力な8気筒を作成しました。より軽いチタンエキゾーストシステムも備えてる。、全輪駆動システム用に改訂されたソフトウェアと追加の冷却機能を備えた8速Tiptronicオートマチックトランスミッションを組み合わせ。0-62 mph(0-100 km / h)の時間はわずか3.3秒。カイエンSE-ハイブリッドクーペは、合計最高出力680 PS(670 hp)で3.8秒と重いハイブリッドより高速である。最高速度186 mph(297 km / h)。カイエンターボGTはターボクーペの178 mph(285 km / h)であるため最速のポルシェSUVであるという。

エクステリア

「ターボ」より17mm車高をダウン。22インチのGTデザインのアロイホイールにも搭載、ピレリの特別に設計さ

れたゴム、エアサスペンションは15%頑丈。ポルシェがカイエンで採用している他のシステムは、アクティブサスペンションマネジメント(PASM)、ダイナミックシャーシコントロール(PDCC)、パワーステアリングプラス、リアアクスルステアリングなど、ターボGT用に微調整されている。ルーフはカーボンファイバー製で、カーボンビットが多く、サイドプレートとリップはGT専用の大型リアスポイラーに取り付けられており、40kgのスピードでダウンフォースが増加。リアディフューザーもカーボンファイバー製である。

インテリア

インテリアはアルカンターラトリム、スポーツシート、GT専用の穴あきパネルを備え、インフォテインメントシステムの導入、AndroidAutoがAppleCarPlay機能を搭載。

ポルシェのテストドライバーであるラーズカーンは「カイエンターボGT」で7:38.9の公式SUVレコードを記録。これは記録保持者であるアウディRSQ8よりも4秒速い。

ポルシェニュースリリース

https://press.jp.porsche.com/prod/presse_pag/PressResources.nsf/Content?ReadForm&languageversionid=1224642&hl=modelle-news

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-ポルシェ
-,