MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

スバル「REX(レックス)」SUVで復活 1.2L エンジン搭載 2022年11月11日発表

スバルは以前、軽自動車として発売していた「REX(レックス)」を1.2L エンジン搭載した新型クロスオーバーSUV「REX(レックス)」として2022年11月11日に発表した。ダイハツの「ロッキー」を、 スバルに対して供給するOEM車となっている。

目次

スバル 新型 REX(レックス) について

新型「REX(レックス)」は全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmと5ナンバーサイズに収めたSUBARU初の小型SUVである。エクステリアデザインはコンパクトなボディでありながら、大きく張り出したフェンダーや大径タイヤなどによって、SUVらしいアクティブさと頼もしさを強調し、力強い存在感を表現したスタイリング。最小回転半径5.0mの取り回しの良さを実現しながら、人や荷物もしっかり載るパッケージングに、最新の「スマートアシスト」安全装備を充実、1.2Lエンジンを採用。ボディカラーは全9色を設定。

Zグレードにはコントラストが目を引く2トーンカラーも2色設定。インテリアデザインは、アクティブな印象の空間設計とし、フロントシートを中心に赤い加飾をあしらうなどしてスポーティに仕立てています。

安全性能では、後方確認をサポートするブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートを採用。最新「スマートアシスト」を装備。また、2019年度JNCAP衝突安全性能評価でファイブスターを受賞したボディを採用するなど、衝突安全性能を高めた。

スバル 新型 REX(レックス) スペック について

エンジンは「1.2L 直3気筒エンジン」のみ採用する。

スペック新型 REX(レックス)
全長3,995mm
全幅1,695mm
全高1,620mm
ホイールベース2,525mm
エンジン1.2L 直列3気筒
エンジン
最高出力64kW(87ps)/
6,000rpm
最大トルク113Nm(11.5kgfm)/
4,500rpm
トランス
ミッション
CVT
駆動方式2WD
最小回転半径5.0m
タイヤサイズ195/60R17
WLCTモード燃費20.7km/L(2WD)
JC08モード燃費23.6-24.6km/L(2WD)

スバル REX(レックス)について

レックスはスバルが製造する軽自動車であり、1972年にR-2のモデルチェンジ版として登場してから1992年3月 販売終了と20年販売された。後継車はヴィヴィオとなる。

スバル ニュースリリース

https://www.subaru.co.jp/news/2022_11_11_152235/

スバル

https://www.subaru.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次