トヨタ 新型 RAV4 マイナーチェンジ 米国モデル ヘッドライトデザイン変更 2021年11月12日発表

トヨタは米国モデルの「RAV4」のマイナーチェンジを行い2021年11月12日(現地時間)に発表した。

目次

新型 RAV4 マイナーチェンジ 米国モデルについて

2022年に向けて、RAV4は、新しい「SEハイブリッドグレード」や、すべてのグレードにわたるエクステリアとインテリアのアップデートなど、魅力的なアップデート。スポーティなパフォーマンスとスポーティなスタイルを求める顧客向けに設計されていますが、「XSE」と比較して低価格で、RAV4の新しい「SEハイブリッドグレード」には、モノトーンペイント、ファブリックトリムシート、6つのスピーカーを備えた7インチのタッチスクリーン。また、「SEハイブリッドグレード」の利用可能なオプションは並外れており、スマートにパッケージ化。ウェザーパッケージは通勤者の夢であり、加熱された革のステアリングホイール、加熱されたフロントシート、および氷結防止機能を備えた雨を感知するワイパーを提供。便利なパッケージには、ムーンルーフ、高さ調節可能なパワーリフトゲート、そして言うまでもなく、9インチのタッチスクリーンにアップグレードするAudioPlusが含まれている。すべてのグレードで魅力的なエクステリアとインテリアの機能を備えています。RAV4 「XSE」は、黒い屋根のカルバリーブルーで大胆な新色を手に入れた。実際、カルバリーブルーは、TRDオフロードだけでなく、新しい「SEハイブリッドグレード」にも採用。ホイールにもかなりの数のアップデートがあり「LE」「LEハイブリッド」「XLE」「XLEハイブリッド」は、「アドベンチャーグレード」と同様に、ホイールに新しい色を採用。「XLEプレミアムハイブリッド」と「リミテッドハイブリッド」は新しいデザインになりますが、「XSEハイブリッド」も同様。

「XLE」グレード以上は、スタイルと機能向上の両方のために更新されたヘッドランプを取得。「XLEプレミアム」「リミテッド」「アドベンチャー」「TRDオフロード」に新しいLEDフォグランプが導入。そして、「XSEハイブリッド」は非常に洗練された垂直ライトを手に入れた。

Toyota USA Newsroom
Toyota Celebrates 25 Years of the RAV4 in North America; Introduces New SE Hybrid Grade for 2022 - T... PLANO, Texas (November 12, 2021) – It’s been a quarter-century since Toyota introduced the groundbreaking model that went on to define a whole new type of passe...
あわせて読みたい
New Cars, Trucks, SUVs & Hybrids | Toyota Official Site Explore the newest Toyota trucks, cars, SUVs, hybrids and minivans. See photos, compare models, get tips, calculate payments, and more.

RAV4について

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる