MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型 M2クーペ フルモデルチェンジ 2022年10月12日発表

BMWは「2シリーズクーペ」のハイパフォーマンスモデル「M2クーペ」のフルモデルチェンジを2022年10月12日(現地時間)発表した。

目次

BMW 新型 M2クーペ フルモデルチェンジ について

サイズには、全長180.3インチ (4,580mm)、全幅74.3インチ (1,887mm)、全高55.2インチ (1,402mm) 。標準の「2シリーズ クーペ」より約2インチ (50mm) 広く、先代より4.1インチ (104mm) 長く、1.3インチ (33mm) 広く、0.3インチ (7.6mm) 低い。スポーツ クーペの重量は、マニュアル車で3,814 ポンド (1,730kg)、オートマチック車で3,867ポンド (1,754 kg) です。アーチの下に忍び込むのは、ずらして配置された Mライトアロイホイール。フロントショッドは275/35 ZR19 タイヤで 19インチ、リアは 285/30 ZR20 で20インチです。ダブルスポークのデザインは、標準でジェットブラックで仕上げられていますが、追加料金なしでバイカラーで提供する。

搭載される直列6気筒3.0L ターボエンジン(S58 TwinPower)は最高出力338kW(460PS)/7200rpmを発生、先代モデルを66kW(90PS)上まわり、最大トルクは2650-5870rpmで550Nmを発生。8速ATは0-100km/h加速4.1秒、6速MTは0-100km/h加速4.3秒。最高速度は制限付きで155mph (248km/h)、または M ドライバーズ パッケージでオプション設定されている場合は177mph (283km/h) 。走りのカスタマイズを標準装備。オートマチック ギアボックスは 3つの異なるモードを提供し、標準のサーボトロニック ステアリングはコンフォートとスポーツの間で切り替えることができる。Mツインパワーターボテクノロジーと高回転設計により、Mらしいパフォーマンス特性を際立たせたという。電動フラップ付きのM専用エグゾーストシステムを採用し、情緒豊かなサウンドを実現。

電磁制御アダプティブサスペンションが標準装備、サスペンションはセッティングで変更できるもう1つのパラメーターであり、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)は、より大きなホイールスリップを可能にする「Mダイナミックモード」に設定できる。DSC機能は、別のユニットではなく、エンジン管理自体に統合されています。簡単に言えば、これは応答がより速く正確になることを意味し、最大10倍速くなるとBMWは言う。

M2 のフロント シートには 2つのオプションがあります。1つ目は電動調節可能な本革製 Mスポーツ シートです。しかし、よりトラックに対応したものを望む人 (または仲間に見せびらかすときの余分なブラウニーポイント) には、M カーボンバケットシートがあなたの空想をくすぐるでしょう。

Mカーボン シートは、BMW によってトラック対応であると説明されており、M スポーツチェアか24 ポンドの軽量化を実現、可能な限り軽量であるとは思わない。おそらく消費者を理解していると思いますが、M Carbon シートは電動調整機能を保持し、加熱され、照明付きの M2バッジまで搭載。BMWの最新のiDrive 8 ソフトウェアが搭載されており、12.3インチのインフォメーション ディスプレイと 14.9インチの曲面コントロール ディスプレイが特徴。BMW マップ ナビゲーションは標準装備されていますが、M 専用のヘッドアップ ディスプレイが必要な場合は、追加料金が必要です。その他のオプションには、ワイヤレス充電、パーソナル eSIM 5G、ステアリング ホイール加熱などがある。

あわせて読みたい
BMW 新型 2シリーズクーペ フルモデルチェンジ 日本モデル 2022年3月1日発売 BMWは「2シリーズクーペ」のフルモデルチェンジを行い日本モデル 2022年3月1日発売する。納車は3月以降を予定。「220i」価格5,080,000円、「220i M Sport」価格5,500,00...

BMW

https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

https://www.press.bmwgroup.com/global/article/detail/T0404444EN/the-all-new-bmw-m2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次