MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

レクサス 新型 LC 一部改良 独自の金属表現技術を採用した「ソニッククロム」 採用 2022年10月発売

レクサスは新型 LC (LC500h/LC500) の一部改良を行い2022年10月発売する。

目次

新型 LC 一部改良について

今回の一部改良では、エクステリアではハイブリッドエンブレムを廃止し全車共通エンブレムを採用。ボディカラーでは新型「IS」「NX」シリーズなどでも採用されているLEXUS独自の金属表現技術を採用した「ソニッククロム<1L1>」を新たに追加。さらにオプション設定には海外モデルのLC 特別仕様車 HOKKAIDO EDITIONに採用される21インチアルミホイールと同様の「21インチ鍛造アルミホイール(タイプB)」を追加。

ハイブリッドエンブレム」を廃止。

新色となる「ソニッククローム<1L1>」を追加。ダークグレーマイカ<1G0>を廃止。

「My LEXUS(マイレクサス)」を追加。

新しい「電子キー&カードキー」を追加。

オプション設定で「21インチ鍛造アルミホイール(タイプB)」を追加。

レクサス 新型 LC 一部改良 価格 グレードについて

Lexus LC500

グレード価格(10%)
LC50013,270,000円
LC500“L package”13,670,000円
LC500“S package”14,500,000円
LC500 “Convertible”14,770,000円

Lexus LC500h

グレード価格 (10%)
LC500h13,770,000円
LC500h“L package”14,170,000円
LC500h“S package”15,000,000円

レクサス 新型 LC 一部改良 スペックについて

スペック LEXUS
LC500
Convertible
LEXUS
LC500
LEXUS
LC500h
全長 4,760mm 4,770mm
全幅 1,920mm
全高 1350mm 1,345mm
ホイールベース 2,870mm
エンジン 5.0L V型8気筒
エンジン
3.5L V型6気筒 エンジン
マルチステージ
ハイブリッドシステム
最高出力 351kW (477ps) /
7,100kgm
220kW (299ps) /
6600rpm
最大トルク 540Nm (55.1kgm) /
4,800~5,600rpm
348Nm (36.3kgm) /
4900rpm
モーター
最高出力
132kW (180ps)
モーター
最大トルク
300Nm (30.6kgm)
トータル
最高出力
264kW
トランス
ミッション
10速AT
(Direct-Shift 10AT)
電気式
無段変速機
駆動方式 FR
乗車定員 4名
JC08モード燃費 7.8km/L 15.8km/L
価格 14,770,000円 13,270,000円~
14,500,000円
13,770,000円
15,000,000円

新型 LC 一部改良について

レクサスは新型 LC (LC500h/LC500) の一部改良を行い2021年9月30日発表した。2021年11月以降発売する。今回の一部改良では、その乗り味の更なる深化を目指し、基本性能の向上を図った。コイルスプリング、スタビライザーの諸元やショックアブソーバーの制御を最適化、タイヤの接地感を高め、操舵入力に対する車両応答のリニアリティと高い旋回G領域でのコントロール性を高めた。

レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)装着車では、VGRS、DRS制御を最適化、レスポンスがよく、軽快感ある走りを実現。低速から高速まで、車両姿勢の適正化とコントロール性を両立する事で、操る楽しさと安定感を向上させた。

エクステリア

エクステリアカラーでは、全LCモデルに「ソニックイリジウム」を新規設定。コンバーチブルモデルに続き、「テレーンカーキマイカメタリック」をクーペモデルにも追加設定。クーペモデルのLC500h/LC500“L package”には、「ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装」を施した21インチ鍛造アルミホイールを標準装備。

インテリア

コンバーチブルモデルに、「ブルー&ホワイト」と、その専用ルーフカラーとして「マリーンブルー」を新たに設定。

レクサスニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/35968013.html

https://lexus.jp/models/lc/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次