MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 カローラ 2023年 米国モデル 第5世代ハイブリッド搭載 2022年6月1日発表

米国トヨタは「カローラ」のマイナーチェンジを行い2023年モデルとして2022年6月1日発表(現地時間)した。

目次

新型 カローラ 2023年 米国モデル について

エクステリア

新型「カローラ」のエクステリアは、2023年のカローラのスタイリングへの変更は目立ちますが、それほど重要ではありません。現在、すべてのセダンにLEDデイタイムランニングライトがあり、SE、XSE、およびXLEは再設計されたライトシグネチャを採用。SEとXSEは新しい18インチのグロスグラファイトアロイホイールと新しいディフューザーをリアに搭載。ハッチバックはクロームアクセントの再設計されたフロントグリルを受け取り、改訂されたリアバンパーはより明るいワークとともにボディカラーのスプラッシュを特徴としている。セダンと同様に、ハッチにも最新のヘッドライトと18インチの合金ホイールが装備。

インテリア

「7インチディスプレイオーディオ」を廃止。「8インチディスプレイオーディオ」と「10.5インチディスプレイオーディオプラス」。ナビゲーションシステムを変更。新型ノア・ヴォクシー」などに採用されている「コネクティッドナビ」ワイヤレスAppleCarPlayとAndroidAuto。USB-C充電ポートが追加。メーターデザインを変更。

安全装備

検知能力を向上させたシステムセンサーによる機能強化した、「Toyota Safety Sense 3.0」を全車標準搭載。「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。「ドライバー異常時対応システム」を採用「レーダークルーズコントロール」にカーブ速度抑制機能を追加。

ハイブリッドシステム

第5世代ハイブリッドシステム、改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付きシリーズパラレルハイブリッドを採用。旧型と比べ、フロントモーター リアモーター が大幅に強化されており、フロントのモーターは、最高出力 53kW(72ps) →70kW(95PS)、最大トルク 163Nm(16.6kgm) →185Nm(18.9kgfm)、リアモーターが最高出力 5.3kW(7.2ps) →30kW(41PS)、最大トルク 55Nm(5.6kgm) →84Nm(8.6kgfm)、システム出力90kW(122ps)→103kW(140ps)となる。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラクロス ハイブリッド 2023年 米国モデル 第5世代ハイブリッド搭載 2022年6月1日発表 米国トヨタは「カローラクロス」のマイナーチェンジを行い2023年モデルとして2022年6月1日発表(現地時間)した。 【新型 カローラクロス ハイブリッド 2023年 米国モデ...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラ / カローラツーリング マイナーチェンジ 大幅改良 2022年10月3日発売 トヨタはセダンモデルの「カローラ」ステーションワゴン「カローラツーリング」の大幅改良(マイナーチェンジ)を行い2022年10月3日発売する。現時点では既にオーダース...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラシリーズ 大型改良 何が変わったのか? 新旧比較 ポイントまとめ トヨタはカローラシリーズ「カローラ」「カローラツーリング」「カローラスポーツ」の大型改良を行い2022年10月3日に発売する。一体何が変わるのか、新型と旧型と比較し...

トヨタ カローラ 2023

https://www.toyota.com/upcoming-vehicles/corollafamily/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる