MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

シボレー 6代目「カマロ」2024年モデルで生産終了を発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
chevrolet camaro

シボレーは、第6世代となる現行「カマロ」の生産を、2024年モデルで終了すると2023年3月22日(現地時間)発表した。

目次

シボレー 6代目「カマロ」2024年モデル

最後の「カマロ」は、2024年1月にミシガン州のランシング・グランドリバー組立工場で製造・出荷される予定。2024年型「カマロRS」「カマロSS」と限定販売される「ZL1」にコレクターズ・エディション・パッケージを追加設定。

「カマロ」はすぐの後継者はいないが、名前は戻る

GM は、「 (カマロ) ネームプレートの最終章ではない」と述べている、シボレーのグローバルバイスプレジデントであるスコットベルは、ブランドはまだ後継車を発表する準備ができていないと述べている。

その主な競争相手であるマスタングは、昨年導入された次世代モデルの燃焼エンジンを保持、以前のレポートでは、シボレーがより革新的なアプローチを計画していることを示唆しています。自動車メーカーは、「Ultiumプラットフォーム」を使用して、カマロを電気自動車に変えることを計画していると噂されている。これにより、第 6 世代のカマロの引退は、単なる世代の終わりよりもさらに重要なものになる可能性があります。

「現世代のカマロに別れを告げる準備をしている中、すべてのカマロの顧客、カマロの組立ラインの従業員、そしてレースファンへの感謝はいくら強調してもしすぎることはありません。「今日、後継者を発表するわけではありませんが、ご安心ください。これでカマロの話は終わりではありません。」

chevrolet camaro

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次