MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

新型 デイズ e-POWER 軽自動車に初搭載 2024年10月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
days

日産は新型「デイズ」に軽自動車に初の「e-POWER」搭載した「デイズ e-POWER」を2024年10月頃に発売を予想しています。一体どんなモデルになるのか、詳しく解説します。

目次

日産 新型「デイズ e-POWER」について

軽自動車に初めて登場する「e-POWER」モデルは、第2世代の「e-POWER」に軽自動車の660ccエンジンを組み合わせたモデルとなると予想されます。このモデルには、軽自動車初のEVである「サクラ」にも使われた「MM48」と呼ばれるモーターが搭載されています。このモーターは最高出力47kW/2,302-10,455rpm、最大トルク195Nm/0-2,302rpmを発揮し、高度な制御技術によってすばやく滑らかな加速が実現されています。そのため、高速道路への合流などもスムーズに行うことができます。また、ワンペダルドライビングのシステム「e-Pedal Step」も搭載されており、アクセルペダルだけで車速を自在に制御できるため、市街地走行や雪道などでの運転もより快適に行うことができます。

日産 新型「デイズ e-POWER」予想スペック

スペックデイズ e-POWER
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,775mm
ホイールベース2,495mm
モデルe-POWER
エンジン660cc 
直列3気筒
DOHC (BR06-SM21)
+モーター(MM48)
最高出力52ps/
6,400rpm
最大トルク60Nm/
3,600rpm
モーター
最高出力
47kW(64ps)/
2,302-10,455rpm
モーター
最大トルク
195Nm/
0-2,302rpm
駆動方式FF/4WD
車両重量-kg
WLTCモード
燃費
-km/L(2WD)
-km/L(4WD)
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
軽自動車に初の「e-POWER」搭載 新型「ルークス e-POWER」2024年11月発売

日産 新型 デイズについて

日産は2019年3月14日に新型デイズのフルモデルチェンジを発表し、3月28日に発売されました。同時に、三菱自動車も新型ekワゴンのフルモデルチェンジを行い、発売されました。「デイズ」のマイナーチェンジを行い2023年9月29日発表・発売する。丸3年でのマイナーチェンジとなるが、今回はエクステリアのデザインを変更し、ラジエータグリルを一新し、デジタル・Vモーションを採用。新しい「日産エンブレム」を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。グレード「ハイウェイスター」モデルには大型Vモーショングリル「Vモーショングリル」を採用しブーメラン型ヘッドライト、力強いボディ形状といった、ニッサンデザインの特徴を多く取り入れている。更に、横長のシグネチャーLEDランプを搭載し、ヘッドランプは、特徴的なブーメラン形状をより際立たせる繊細な造りとした。

インテリアは、ハイウェイスターXシリーズに、ブラウン系とブルー系の混色配合で作った深みのあるブラックのトリコット地にエンボス加工を施したシート地を採用。ハイウェイスターGターボシリーズには、カシス色のアクセントがのぞくパーフォレーション加工を施したフルレザー調素材を採用。

日産として初採用のシルキーライラックを含む6色の新色を加え、2トーン5色とモノトーン7色の計12色を設定。X、Sグレードには2トーン3色とモノトーン8色の計11色の多彩なバリエーションを用意した。

軽自動車として初めて「後側方車両検知警報(BSW)」「後退時車両検知警報(RCTA)」を標準設定、従来の前方・後方の運転支援に加え、後側方の安全性を強化することで、360度セーフティアシストを実現。ハイウェイスターシリーズに標準装備していた、夜間の視認性向上につながる「LEDヘッドランプ」を新たにXグレードにもオプション設定する、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の性能を向上した。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 新型 ルークス マイナーチェンジ エクステリア変更 価格変更 2023年6月下旬発売

日産 新型 デイズ スペックについて

新開発エンジンと、新開発CVTリチウムイオンバッテリーを搭載したS-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)を採用。ガソリン車はグレード「S」「X」。「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターGターボ」はS-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)を採用しモーターアシストがある。

スペックデイズ
S / X
デイズ
ハイウェイスターX
デイズ
ハイウェイスターG
ターボ
全長3,395mm3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm1,475mm
全高1,640〜1,660mm1,640〜1,660mm1,640〜1,660mm
ホイールベース2,495mm2,495mm2,495mm
モデルガソリン車S-HYBRID車S-HYBRID+
ターボ車
エンジン660cc 
水冷直列3気筒
DOHCエンジン
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
+モーター
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
+モーター
最高出力38kW(52ps)/
6,400rpm
38kW(52ps)/
6,400rpm
47kW(64ps)/
5,600rpm
最大トルク60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm 
60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm 
100Nm/
2,400rpm~4,000rpm
モーター
最高出力
2.0kW(2.7ps)/
1,200rpm
2.0kW(2.7ps)/
1,200rpm
モーター
最大トルク
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
トランスミッションCVT
(エクストロニック)
CVT
(エクストロニック)
CVT
(エクストロニック)
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
車両重量830kg〜920kg830kg〜920kg830kg〜920kg
JC08モード燃費29.4km/L 25.4km/L 〜
29.8km/L 
22.8km/L〜
25.2km/L 
WLTCモード燃費21.0km/L18.8km/L〜
21.2km/L
16.8km/L〜
19.2km/L 

編集部から一言

日産の軽自動車は、「ルークス」とともに販売台数で上位を占め、同社にとって極めて重要な車種です。競合他社に対抗するため、日産は自社の看板技術であるe-POWERを採用し、優れたパフォーマンスと燃費の両方を提供します。この変化が他社をリードするきっかけとなるか、非常に注目されています。新型車の発売が待ち遠しいですね。今後も新しい情報が入り次第お伝えいたします。

デイズ

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html

days

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次