MENU

新型 BMW M5 2025年型 最高出力717hpのハイブリッドパワーを採用

2025 BMW M5

2025年型BMW M5が、さらなるパワーアップを遂げて登場しました。BMW Mシリーズのファンにとって最も注目すべき点は、このスーパーセダンがついに電動化を受け入れたことです。これは、過去に後輪駆動から四輪駆動へと移行した時よりも大きな変化かもしれません。

新型M5は、来月のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで世界初公開され、7月にはディンゴルフィング工場での生産が開始される予定です。車両本体価格は119,500ドルで、送料と手数料として1,175ドルが別途かかります。新型M5の電動化は、Mシリーズの新たな時代の幕開けを象徴するものであり、そのパフォーマンスと環境性能の両立に期待が高まります。一方で、電動化に伴う重量増加については、ファンの間で様々な意見が飛び交うことになりそうです。

目次

BMW M5 2025年型 ハイブリッド化

ハイブリッドM5は計画段階から予想されていました。BMWが維持したのは、轟音を立てるV8エンジンです。新型M5は4.4リッターツインターボV8エンジン、最高出力577hp(569bhp / 424kW)を発揮し、最大トルク750Nmを搭載し、このエンジンは、XMスーパーSUVに搭載されているS68エンジンをベースにチューニングされており、電気モーターとの組み合わせにより、システム全体の出力はさらに向上しています。システム最高出力717hp(727PS / 535kW)とシステム最大トルク1,000Nmを誇ります。しかし、ハイブリッド化に伴い、新型M5は重量が増加しました。現行モデルと比較して24%も重くなっており、その影響は加速性能にも現れています。0-60mph(96km/h)加速は3.4秒となり、現行モデルよりもわずかに遅くなっています。

一方、最高速度は従来通り、Mドライバーパッケージで155mph(250km/h)または190mph(306km/h)に制限されています。また、ハイブリッドシステムの恩恵として、最大25マイル(40km)をゼロエミッションで走行することが可能です。

BMW M5 2025年型 エクステリア

BMW M5は、直線での加速だけでなく、ドライバーの意のままにパワーを操れる点も魅力です。高回転型のV8エンジンと電動化技術の組み合わせにより、安定したパワー供給を実現しています。8速Mステップトロニック・ギアボックスがそれを制御し、特許取得済みのプレギアリングステージにより、モーターの出力をさらに高めます。

新型M5には、新しい「ブーストコントロール」システムが搭載されました。左パドルシフターを長押しすることで、車の全システムが最もスポーティーな設定に切り替わります。

駆動方式は全輪駆動ですが、後輪駆動を重視した設定や、完全に後輪駆動に切り替えることも可能です。アクティブMディファレンシャルが駆動力を適切に配分し、アンダーステアを抑制します。

足回りには、専用設計のエンジンマウントやトランスミッションマウント、再設計されたサスペンションが採用されています。フロントには軽量アルミ部品を使用したダブルウィッシュボーン、リアには新設計のトラックコントロールアームなどが組み込まれています。

エクステリアでは、密閉型の光沢ブラックのキドニーグリルが目を引きます。グリル周囲には照明が施され、M5のロゴが輝きます。ホイールアーチはフロントが標準車より3インチ、リアが1.9インチ拡大されています。

ホイールはフロント20インチ、リア21インチで、高性能タイヤが装着されます。ブレーキはフロント16インチ、リア15.7インチのディスクブレーキで、オプションでMカーボンセラミックブレーキを選択することも可能です。

BMW M5 2025年型 インテリア について

内装には、BMW Individualフルメリノメタリックレザーパッケージがオプションで用意されています。ステアリングホイールは新デザインとなり、ヒーターが標準装備されました。さらに、M5専用の室内照明、Bowers & Wilkinsのサラウンドサウンドシステム、ヘッドアップディスプレイ、スカイラウンジパノラミックルーフも標準装備として搭載されています。

BMWのオペレーティングシステム8.5は、車内の物理ボタンをさらに減らすことを目指しています。曲面ディスプレイにはMモデル専用のグラフィックアイコンが配置され、12.3インチの情報ディスプレイと14.9インチのコントロールディスプレイで構成されています。

2025 BMW M5

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次