ランボルギーニ 新型 アステリオン LPI 910-4 初のプラグインハイブリッド(PHV)発表 

ランボルギーニは2014パリモーターショーでプラグインハイブリッド・スポーツカーのコンセプトモデル「ランボルギーニ・アステリオン LPI 910-4」を発表した。

目次

新型 アステリオン LPI 910-4

フェラーリなどのスーパーカーブランドがPHVモデルが開発が進んでいるがついにランボルギーニで低燃費、高機能モデルが開発されているようだ。ランボルギーニにふさわしいスペックを備えている。

フロント・アクスルに搭載する2個の電気モーターと、縦置きミドシップ・マウントされた5.2LV10エンジンを組み合わせ合計最高出力:910hp。0-100 km/hは3秒で、最高速度320km/h、モーターのみでも最大50kmの距離を125km/h以下の速度で走行可能。 新欧州ドライビングサイクルの複合モード燃費は24.3km/L。

この動画を見て頂ければわかると思いますが、見た目では想像できないぐらい静です。

ソース

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる