メルセデス・ベンツ 新型 C350 e AVANTGARDE PHV 2016年1月日本発売

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツはC350 PHVの開発を進め販売を開始する。2015年1月12日に開幕する北米国際自動車ショーにおいて、新型Cクラスに追加設定するC350プラグインハイブリッドを公開した。すでにメルセデス・ベンツではS550プラグインハイブリッドロングが発売がスタートしている。日本ではC 350 e AVANTGARDEが2015年12月4日に発表され受注が開始された。2016年1月発売となる。

C 350 e AVANTGARDE価格: 707万円

C 350 e ステーションワゴン AVANTGARDE価格:782万円

新型 C350 e AVANTGARDE PHV スペック

直列4気筒DOHC 2.0L 直噴ターボ BlueDIRECT

最高出力211PS(155kW)

最大トルク350Nm

モーター最高出力82PS(60kW)

モーター最大トルク340Nm

トランスミッションは7速オートマチック「7G-トロニック・プラス」を採用。

0-100km/h加速5.9秒

最高速250km/h(リミッター作動)

システム全体で279PS(205kW)/600Nmのプラグインハイブリッドシステム。

リチウムイオンバッテリーを採用。

欧州複合モード燃費47.6km/L

JC08モード燃費はC 350 e AVANTGARDE セダン:17.2km/L C 350 e ステーションワゴン AVANTGARDE:16.5km/L

市街地から高速道路まで幅広く電気モーターのみで最高速度:130km/hの走行が可能

EV航続距離は最大約30km。(セダン:28.6km/ステーションワゴン:28.8km)

リチウムイオンバッテリーの充電時間は、フル充電まで「CHARGE」モードで約40分AC200V電源使用で約4時間です。大容量のリチウムイオンバッテリー(6.2kWh)を搭載していながらセダンのトランク容量は335L、ステーションワゴンのラゲッジルーム容量は350~1,370Lを確保、プラグインハイブリッドモデルであるにも関わらず、十分なユーティリティ性を確保しています。

安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を搭載

進化した安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を搭載。

C 350 e AVANTGARDEは、エコカー減税において自動車重量税、自動車取得税が100%免税となり、さらにクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金をセダンでは最大17万円、
ステーションワゴンでは最大13万円受けることができます。

C 350 e AVANTGARDE_02
C 350 e AVANTGARDE_03
C 350 e AVANTGARDE_01
C 350 e AVANTGARDE_07

C 350 e AVANTGARDE_04

C 350 e AVANTGARDE_05

C 350 e AVANTGARDE_09

C 350 e AVANTGARDE_08

C 350 e AVANTGARDE_06

mercedes-benz-c350-plug-in-hybrid_01.jpg

mercedes-benz-c350-plug-in-hybrid_02.jpg

mercedes-benz-c350-plug-in-hybrid_03.jpg

mercedes-benz-c350-plug-in-hybrid_04.jpg

mercedes-benz-c350-plug-in-hybrid_06.jpg

mercedes-benz-c350-plug-in-hybrid_05.jpg

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://www.carscoops.com/2015/01/mercedes-reveals-c350-plug-in-hybrid-in/

https://www.autoevolution.com/news/2016-mercedes-benz-c350-plug-in-hybrid-c350e-boasts-with-a-193-mile-ev-range-photo-gallery-90954.html#

メルセデスベンツニュースリリース

http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2015/20151204_1.pdf

メルセデス・ベンツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました