レクサス 新型CT200h スピンドルグリル採用でビックマイナーチェンジ 2014年1月16日発売

レクサス

レクサスは、CT200hのビックマイナーチェンジし2014年1月16日に発売する。

価格は356万円~448万円

新型CT200h ビックマイナーチェンジ

最新デザイントレンドであるスピンドルグリルが採用され、顔つきがより精悍になった。スピンドルグリルは、センター部分を前に出し、力強く、より立体的なフォルムにデザインされている。今回展示されたモデルFスポーツグレードなので、通常のモデルの横バーのグリルよりもスポーティーだ。レクサスは、中国・広州で開催される広州国際モーターショーでマイナーチェンジしたCT200hを出展する。また、東京モータショー2013でも11月21日の午後に「CT200h」のマイナーチェンジモデルを日本初公開した。

1.8L+モーターのハイブリッドシステムでJC08モード燃費26.6km/L~30.4km/Lである。

新型CT200h ビックマイナーチェンジ スペック

スペック 新型CT200h
全長 4,350mm
全幅 1,765mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,600mm
エンジン 1.8L 直4 +モーター
最高出力

73kW(99ps)/
5,200rpm

最大トルク 142Nm(14.5kgm)/
4,000rpm
モーター最高出力 60kW(82ps)
モーター最大トルク 207Nm(21.1kgm)
トランスミッション 電気式無段階変速
駆動方式 2WD(FF)
JC08モード燃費 26.6~30.4km/L
価格 356万円~448万円
Lexus CT 200h Reveal

LEXUS 公式

https://lexus.jp/models/ct/

レクサス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019