ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 CT6 セダン 新フラッグシップモデル 2016年発売

ゼネラルモーターズ

ゼネラルモーターズは新型「CT6」をニューヨークモーターショー2015で正式発表した。2016年から欧州やアメリカで販売をスタートしその後日本でも販売を開始する予定だ。

キャデラック 新型 CT6 セダン

キャデラックのフラッグシップモデル「XTS」の後継車として「CT6」を開発した。名前を変更するのもモデルの一新を意識しており、国際市場を意識したグローバルモデルとして開発されている。ニューヨークモーターショーでは日本への販売も発表がありかなり力を入れている様子だ。ライバル車種はLセグメントのメルセデス「Sクラス」、BMW「7シリーズ」、アウディ「A8」などである。ボディはアルミを大量に使用し、クラス最軽量の車重1700kg以下を実現。

キャデラック 新型 CT6 セダン スペック

全長:5,184mm
全幅:1,879mm
全高:1,472mm
ホイールベース:3,106mm

エンジンは3種類発表があり

直列4気筒 2L ターボ 最高出力:269ps

V型6気筒 3.6L 最高出力:340ps

V型6気筒 3L ツインターボ  最高出力:406ps、最大トルク:55.3kgm

トランスミッション8ATとの組み合わせである。ダウンサイジングエンジンを2種類採用しており、更に軽量化からかなり燃費を意識したモデルとなっている様子だ。ドライブモードは3段階のセッティングから選べ、「ツアー」「スノー/アイス」「スポーツ」である。

キャデラック 新型 CT6 セダン装備

10.2インチタッチディスプレイインフォテインメントシステム、34個のスピーカー「Bose Panaray premium」オーディオ、ヒーター付きシートには、5種類のマッサージ機能付き「クアッドゾーン」エアコン、360°カメラビューにより、セキュリティのために随時録画可能、自動駐車「アドバンスドパークアシスト」夜間見えにくいものをインフォテインメントシステムに映し出す「ナイトビジョンシステム」を採用。

インテリアにウッドやカーボンを使用。1,280×720のHD解像度、キャデラックの誇る先進的なユーザーインターフェース「CUE(キャデラック ユーザー エクスペリエンス)」を直感的に操作可能である。後部座席シートに、メディアコントロールやHDMI/USB接続端子が付いている。

新しい情報が入り次第お伝え致します。

キャデラック

https://www.cadillac.com/sedans/ct6-sedan

ゼネラルモーターズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020