スバル 新型 レガシィ B4 アウトバック マイナーチェンジ 2015年10月1日発売

スバル

スバルはレガシィシリーズのマイナーチェンジを行い、新型「B4」と「アウトバック」を2015年10月1日発売した。

新型 レガシィ B4 アウトバック マイナーチェンジ

レガシィは現在6代目で2014年10月から販売を開始している。ツーリングワゴンが後継車種のレヴォーグに継承されたことで、セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2タイプとなった。

そして、丸1年でのB型へとマイナーチェンジをする。先進安全システム「アイサイトVer3」に加え、後側方をミリ波レーダーによって検知する「アドバンスドセイフティパッケージ」を全車に標準装備する。これは、2014年4月にマイナーチェンジしたレヴォーグも同様に「アドバンスドセイフティパッケージ」が追加されている。

インテリアでは上級グレードのLimitedにアイボリー(本革仕様)を追加設定。Siri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」に対応する。ボディカラーに新色「ダークブルー・パール」を追加。

新型 レガシィ B4 アウトバック マイナーチェンジ 価格グレード

LEGACY OUTBACK 3,186,000円(税込価格)

LEGACY OUTBACK Limited 3,456,000円(税込価格)

LEGACY B4 2,916,000円(税込価格)

LEGACY B4 Limited  3,132,000円(税込価格)

アウトバック

レガシィB4

アドバンスドセイフティパッケージ

安全性能をさらに強化する先進機能をパッケージ化し、標準装備。アイサイトでの前方検知に加え、レーダーシステムによる後側方の検知を可能とし、より安心・快適なドライブをサポートします。

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)死角検知機能(BSD:Blind Spot Detection)ドアミラーでは見えにくい、自車斜め後方の車両をレーダーで検知して、ドアミラーに付いているLEDランプを点灯または点滅※させることでドライバーに注意を促します。

車線変更支援(LCA:Lane Change Assist)隣車線を後方から急接近してくる車両をレーダーで検知して、ドアミラーに付いているLEDランプを点灯または点滅※させることでドライバーに注意を促します。※BSD、LCAともに車両をレーダーで検知した状態で、ドライバーがウィンカー操作をした上で車線変更を試みた場合、ドアミラーに付いているLEDランプを点滅させることでドライバーに衝突の危険性をお知らせします。

後退時支援(RCTA:Rear Cross Traffic Alert)後退時に左右から接近してくる車両をレーダーで検知し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーにドアミラーに付いているLEDランプを点滅かつ警報音を発します。

ハイビームアシスト(自動防眩インナーミラー付)ルームミラー一体型の単眼カメラを新採用することで、先行車や対向車を検知して、ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替えます。また、自動防眩インナーミラーにより、後続車のヘッドランプなど、強い光をセンサーで検知して自動的に反射率を切り替えて眩しさを抑えることで、夜間のドライブでの安全性を高めます。

LEGACY【New SUBARU Quality Film】OUTBACK 水中写真家篇 (前編)
LEGACY【New SUBARU Quality Film】OUTBACK 水中写真家篇 (後編)
LEGACY【New SUBARU Quality Film】B4 ライフ篇(後編)

スバルニュースリリース

https://www.subaru.co.jp/news/

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020