日産 新型 ティアナ (アルティマ) ビックマイナーチェンジ フェイス変更でイメージ一新 日本 2016年9月発売

日産

日産は新型ティアナ(海外名:アルティマ)をビックマイナーチェンジし、北米にて2015年9月に発表した。更に2016年7月に中国市場向けに販売している日産ティアナもフェイスリフトすると発表した。

新型ティアナ(海外名:アルティマ)マイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジではフロントフェイスを一新し、海外で販売されている新型マキシマと外観が非常ににたタイプとなる。

現行のティアナは3代目で2014年から販売をスタート初代が掲げた「モダンリビング」、2代目が打ち出した「OMOTENASHI」という2つのコンセプトに一層の磨きをかけ、さらに思いのまま走ることのできる愉しさ、“走る快適性”を加えた。新型アルティマとは姉妹車で、細部のデザインが異なるもののボディを共有化することでコスト削減を図ると同時に、型式もアルティマと同じL33型に編入されている。新設計のリア・マルチリンク・サスペンションには世界初のコネクトブッシュを新採用し、高い操縦安定性を実現している。

新型ティアナ(海外名:アルティマ)マイナーチェンジ変更点

Vモーショングリル、ブーメランシェイプのランプ(LEDプロジェクターロービームライト&LED DRLヘッドライト)フローティングルーフ等、最新のニッサンデザインランゲージを余すことなく表現している。新しいボディーカラーや17インチと18インチの切削加工されたアロイホイールの追加した。アクティブグリルシャッターとアンダーフロア エアロカバーの採用によって、Cd値を0.29から0.26へと10%向上
インフォテイメントシステムは5インチもしくは7インチのディスプレイ付き中国モデルでは最新世代のインフォテイメントシステムを搭載しApple CarPlayが利用可能だ。

新型ティアナ(海外名:アルティマ)マイナーチェンジ スペック

全長:4,880-5,003mm

全幅:1,830mm

全高:1,470mm

ホイールベース:2,775-2,900mm

2.0L 直4気筒エンジン (中国モデル)

最高出力150hp

2.5L 直4気筒エンジン(北米モデル)

最高出力182hp

2.5L V型6気筒エンジン (中国モデル)

最高出力186hp

3.5L V型6気筒エンジン(北米モデル)

最高出力270hp

グレードは現行とプラスで新たにスポーツモデル2.5 SRと3.5 SRもラインナップに加えられる。SRの2つのグレードには、スモークヘッドライトベゼル、インテグレーテッド トランクリッドスポイラー、レザーステアリングホイール、パドルシフト、本革巻きギアシフターなどが装備される。

Nissan_Teana_new_2017_01.jpg
中国モデル 新型ティアナ
Nissan_Teana_new_2017_02.jpg

Nissan_Teana_new_2017_03.jpg

Nissan_Teana_new_2017_04.jpg

Nissan_Teana_new_2017_05.jpg

Nissan_Altima_01.jpg

Nissan_Altima_02.jpg
北米モデル 新型アルティマ (ティアナ)
Nissan_Altima_03.jpg

Nissan_Altima_04.jpg

Nissan_Altima_05.jpg

Nissan_Altima_10.jpg

Nissan_Altima_11.jpg

Nissan_Altima_12.jpg

Nissan_Altima_06.jpg

Nissan_Altima_09.jpg

Nissan_Altima_07.jpg

Nissan_Altima_08.jpg

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://www.carscoops.com/2015/09/2016-nissan-altima-gets-sleeker-design/

http://paultan.org/2016/07/22/nissan-teana-facelifted-for-chinese-market-includes-apple-carplay-led-headlamps/

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019