ダイハツ 新型 ムーヴキャンバス デザイン性とスペース機能の融合 2016年9月7日発売

ダイハツ

ダイハツは新型ムーヴキャンバスを新モデルとして2016年9月7日に発表、発売した。

価格:118万8000円~166万8600円

新型ムーヴキャンバス 発表について

この新型ムーブキャンバスは2015年10月28日~11月8日に行われた第44回東京モーターショー2015で発表したコンセプトモデル「HINATA(ヒナタ)」の量産モデルである。

HINATA(ヒナタ)

デザイン性とスペース機能の融合による新しいラウンドデザインの軽自動車を提案。
・ナチュラルリラックスを表現したデザイン
・両側観音開きドアによる開放感と多彩なシートアレンジ

新型ムーヴキャンバス について

ダイハツ社内でタントよりも小さく使い勝手がいい車を作ろうとなった様子だ。新型ムーブキャンバスはムーヴとタントの中間ぐらいの背の高さでムーブよりも25mm高い全高1,655mm両側観音開きドアの代わりに両側スライドドアを採用したモデルである。
Bi-Angle LEDヘッド ランプに軽自動車で初めてヘッドランプに「AFS(アダプティブフロントライティングシステム)」を装備。
車の進行方向と照射方向を合わせることで、夜間でも十分な視界を確保でき、ドライバーの安全運転向上する。ダイハツ車で初めて駐車時にドライバーの運転をアシストする機能「パノラマモニター」を採用。

新型ムーヴキャンバス スペックについて

スペック 新型 ムーヴ キャンバス
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm
ホイールベース 2,455mm
エンジン 直3 DOHC 660cc
最高出力 38kW (52PS)/
6,800rpm
最大トルク 60Nm (6.1kgm)/
5,200rpm
駆動方式 2WD/4WD
JC08モード燃費 27.4-28.6km/L
車両重量 910-920kg(2WD)
960-970kg(4WD)
価格 118万8000円~166万8600円

新型 ムーヴ キャンバス ボディカラーラインナップ

モノトーンが9色、ツートンカラーが8色の全17色。

モノトーン

・ファインミントメタリック

・スムースグレーマイカメタリック

・プラムブラウンクリスタルマイカ

・ブラックマイカメタリック

・ナチュラルベージュマイカメタリック

・ライトローズマイカメタリックⅡ

・シルキーブルーパール

・パールホワイトⅢ

・ファイアークォーツレッドメタリック

ツートンカラー

・パールホワイトⅢ×ファインミントメタリック

・パールホワイトⅢ×スムースグレーマイカメタリック

・パールホワイトⅢ×ナチュラルベージュマイカメタリック

・パールホワイトⅢ×ライトローズマイカメタリックⅡ

・パールホワイトⅢ×シルキーブルーパール

・スムースグレーマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック

・スムースグレーマイカメタリック×プラムブラウンクリスタルマイカ

・スムースグレーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック

新型 ムーヴ キャンバス グレード 価格について

・L  
2WD1,188,000円 4WD 1,312,200円
・L”SAⅡ”
2WD 1,252,800円 4WD 1,377,000円
・X
2WD 1,296,000円 4WD 1,420,200円
・X”SAⅡ”
2WD 1,360,800円 4WD 1,485,000円
・X”メイクアップSAⅡ”
2WD 1,414,800円 4WD 1,539,000円
・X”リミテッドSAⅡ”
2WD 1,425,600円 4WD 1,549,800円
・X”リミテッドメイクアップSAⅡ”
2WD 1,479,600円 4WD 1,603,800円
・G”SAⅡ”
2WD 1,490,400円 4WD 1,614,600円
・G”メイクアップSAⅡ”
2WD 1,544,400円 4WD 1,668,600円

先進技術「スマートアシストⅡ」が採用

(レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラを搭載。)スマートアシストIIはJNCPN予防安全評価最高ランク獲得している。

<機能追加>

・衝突警報機能(対歩行者)

約4~50km/h で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

・車線逸脱警報機能

約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出しそうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

<性能向上>

・衝突回避支援ブレーキ機能

従来は、約4~30km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援今回は、約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援

※5:速度差約30km/h 以内で作動

・衝突警報機能(対車両)
従来は約4~30km/h で走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストⅡでは、約4~100km/h での走行中に前方の車両を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

※6:速度差約60km/h 以内で作動

AFS(アダプティブフロントライティングシステム)採用 軽自動車初。ステアリング操作と連動して、ヘッドライトの角度が変わる。

運転をアシストする機能「パノラマモニター」を採用 ダイハツ初採用

クルマを上空から見下ろしているかのように、直感的に周囲の状況を把握できる

サイドモニター

助手席側サイドミラーにカメラが搭載しており、死角を映し出す

動体検知型バックモニター

バックモニター検知領域に動くものがあると、警報してくれる

高畑充希さんが新型ムーヴ キャンバスのキャラクラーに起用される。
キャッチフレーズは「デキる ミニバス」「CAN BUS」である。

move_canvas_0391.jpg

move_canvas_0392.jpg

move_canvas_0393.jpg

move_canvas_0394.jpg

move_canvas_0395.jpg

move_canvas_0402.jpg

move_canvas_0403.jpg

move_canvas_0404.jpg

move_canvas_0405.jpg

move_canvas_0406.jpg

move_canvas_0396.jpg

move_canvas_0397.jpg

move_canvas_0398.jpg

move_canvas_0400.jpg

move_canvas_0401.jpg

HINATA_01.jpg
コンセプトモデル「HINATA(ヒナタ)」
HINATA_03.jpg

HINATA_02.jpg

HINATA_04.jpg

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ムーヴ キャンバス

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/

ダイハツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました