日本自動車販売ランキング 2016年8月 トヨタプリウスが9ヶ月連続トップで17,503台 軽自動車はN-BOXで13,276台

ニュース

自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2016年9月6日、2016年8月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。

乗用車ランキング

乗用車では2015年12月9日から販売を開始したトヨタの新型プリウスが断トツ、1位の1万503台。新型プリウスは販売開始から9カ月連続首位である 。2位はアクアの1万1,283台、3位はシエンタの9,518台とトヨタ車が占めている。

軽自動車ランキング

軽自動車では2015年11月20日にマイナーチェンジをした新型N-BOXが1万3,283台でトップだ。2位はなんとタントの1万677台、3位はなんと日産のデイズ、7,268台である。印象的なのが日産のデイズがランク外へと転落していたが復活を果たしていることだ!!
これは2016年4月26日に三菱自動車工業による燃費試験データについての不正操作が判明して以降、生産・販売を停止している関係である。

purius_958472397342340982.jpg

新型プリウス

新車乗用車販売台数ランキング

http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking/index.php

軽四輪車通称名別新車販売速報(全軽自協)http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking/index.php

軽四輪車通称名別新車販売速報 http://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/index_tusho.html

ニュース
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする
最新自動車情報2019