日産 新型 INFINITI 新2.0L 4気筒 ターボガソリンエンジン 「VC-T」燃費27%改善 世界初の量産対応可変圧縮比エンジン

VC-turbo日産

日産のインフィニティは2016年8月15日に可変圧縮比エンジンを量産化した世界初となる「VC-T(Variable Compression -Turbocharged)」を9月29日にパリモーターショー2016に出展すると発表した。

新型 2.0L 4気筒 ターボガソリンエンジン 「VC-T」

VC-T技術は、4気筒 2.0Lターボガソリンエンジンに搭載。ピストンの上死点の高さを上下させる機能により、圧縮比を14:1(高効率用)から、8:1(高速用)までシームレスに変化することが可能。同等の従来のエンジンよりも、燃料消費量の燃費27%改善など、騒音や振動レベルを含めたメリットがあり、軽くコンパクトである。このエンジンを新型QX50に搭載する。

VC-T_02.jpg
VC-T_03.jpg

インフィニティ

https://www.infinitiusa.com/

産経ニュース

https://www.sankei.com/economy/news/160815/ecn1608150001-n1.html

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019