フォルクスワーゲン 新型 ティグアン LWB 3列シート7人乗 ロングホイールベース 2016年12月発売

フォルクスワーゲン新型 ティグアン LWB (Long Wheel Base) を2016年12月に発売する。新型ディグアンのロングホイールベースモデルで3列シート7人乗である。

目次

新型 ティグアンについて

フォルクスワーゲンはティグアンをフルモデルチェンジ行う。2015年9月15日から始まるフランクフルトモーターショー2015で初披露した。ディグアンはフォルクスワーゲンのSUVで新型で2代目となる。小型クロスオーバーSUVで、ゴルフをベースに開発された。

新型 ティグアン スペックについて

全長4,490mm
全幅1,840mm
全高1,690mm
ホイールベース2,680mm

新しい軽量設計「MLB2プラットフォーム」を基盤とする他、フロントフェンダーやボンネット、テールゲートなどにアルミニウム素材を用いることで軽量化で車輌重量を50kgも削減を果たしている。

新型 ティグアン LWB スペックについて

新型ティグアンLWBは通常のティグアンよりもホイールベースを約110mm延伸しリアのオーバーハングを延長し全長も226mmほど長くなる。

全長4,716mm

全幅1,840mm

全高1,690mm

ホイールベース2,780mm

正式発表は2016年11月開催のロサンゼルスモーターショー2016発表予定だ。そして既に海外ではテストカーが走行しておりスパイショットも撮影されている。

ソース

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる