ホンダ 新型 フリード /フリード+ モデューロ(Modulo) ハイブリッド フルモデルチェンジ 2016年9月16日発売

ホンダ

ホンダはフリード(3列シート車)とフリード+(2列シート車)のフルモデルチェンジを2016年9月16日に発売を開始する。。更に、同日に Honda車の持つ性能、魅力のポテンシャルをさらに引き出し、 走りを極める純正アクセサリーブランド、Moduloを用意している。

フリード スペックについて

スペック フリード/フリード+
ハイブリッド
フリード/フリード+
全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,750mm
エンジン 直列4気筒1.5L i-VTEC+モーター 1.5L直噴DOHC i-VTECエンジン
最高出力 110ps/6,000rpm 131ps/6,600rpm
最大トルク 13.7kgm/5,000rpm 15.8kgm/4,600rpm
モーター最大出力 29.5ps/1,313~2,000rpm
モーター最大トルク 16.3kgm/0~1,313rpm
システム最大出力 132ps/6,600rpm
駆動方式 FF/4WD
乗車定員 6〜7名
JC08モード燃費 26.6〜27.2km/L 17.6km/L〜19.0km/L
価格 225.6万円〜 188万円〜

エンジンラインアップは二つ。新型ステップワゴンに搭載された新開発の1.5L直4直噴i-VTECターボエンジンそして、ヴェゼルに搭載されている、i-DCDシステムの1.5L直4気筒エンジン+モーターだ。新型ステップワゴンがついに発売されたがダウンサイジングエンジン1.5L直4 直噴ガソリンi-VTECターボを載し注目を集めているが新型フリードも同じくダウンサイジングエンジンを搭載する。1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンを搭載することで燃費アップと快適な走り楽しめる。

こちらは燃費とハイブリッド化しない分価格も抑えられる。2.0Lエンジン並みのトルクによる力強くスムーズな加速と、優れた燃費性能、高い静粛性を実現。スペックは131ps/15.8kgmとパワーもトルクも素晴らしい。

現行のフリードハイブリッドの燃費が21.6km/Lで236万円~だが、新型のフリードターボは燃費を20.0km/L 前後になり価格も188万円~となった。

そして、ホンダの新ハイブリッド「SPORT HYBRID i-DCD」の1.5L i-VTEC+モーターシステムを搭載する。JC08モード燃費27.2km/L 現行は21.6km/Lライバルのトヨタ新型シエンタはJC08モード燃費27.2km/Lなのでほぼ同じ燃費を出すことができた。

更に、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載する。ライバルは2015年7月9日にモデルチェンジをした7人乗り新型シエンタだ。発売日はかなり予定より遅れており2016年9月16日となった。

FREED / FREED+ Moduloアクセサリー

フロントグリル (カラードタイプ・クロームメッキ) ¥30,240

エンブレムイルミネーション ¥19,440

エアロバンパー ¥66,960

ロアスカートフロント ¥27,000

ロアスカートサイド ¥43,200

テールゲートスポイラー ¥34,560

16インチアルミホイール (1本) ¥24,800

ドアバイザー ¥19,440

マッドガード ¥12,960

フロアカーペットマット ¥34,560〜¥43,200

など

Modulo

https://www.honda.co.jp/ACCESS/modulox/

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました