MENU

免許証を紛失した場合に悪用される危険とは? 落とした時の対処法とは

免許証紛失

免許証をなくしてしまった!そんな時、焦りと不安が押し寄せることでしょう。しかし、慌てずに適切な対処をすることが重要です。免許証の紛失は、悪用されるリスクが潜んでいるからです。この記事では、免許証紛失時の悪用リスクと、万が一紛失してしまった際の対処法を詳しく解説します。

目次

免許証紛失で考えられる悪用とは?

免許証は、氏名、住所、生年月日、顔写真など重要な個人情報が記載されているため、紛失すると悪用されるリスクがあります。万が一、免許証を紛失してしまった場合は、早急な対応が必要です。紛失した免許証が悪意ある第三者の手に渡ると、以下のような悪用リスクが考えられます。

  • なりすまし犯罪: 免許証を悪用して本人になりすまし、クレジットカードの発行や携帯電話の契約などを行う犯罪です。多額の借金を背負わされたり、身に覚えのない犯罪に巻き込まれる可能性もあります。
  • 不正な身分証明: 免許証を偽造し、年齢確認が必要な場所への出入りに利用される可能性があります。未成年が飲酒や喫煙をする際に悪用されるケースも報告されています。
  • 個人情報の悪用: 免許証に記載された個人情報が、迷惑メールや詐欺などのターゲットにされる可能性があります。

免許証の悪用のリスクとは?

免許証が悪用されると、なりすましによる不正な契約や買い物、年齢確認が必要な場所への不正入場、個人情報の悪用など、様々な被害に遭う可能性があります。最悪の場合、犯罪に巻き込まれるケースも考えられます。

紛失に気づかなかった場合の対処法

紛失に気づかなかった場合でも、悪用を防ぐために、警察に遺失届を提出しましょう。また、運転免許センターや試験場にて再交付の手続きを行い、新しい免許証を取得することが重要です。

悪用防止のための手順

もし免許証を紛失した場合、まず最初に行うべきは冷静になることです。そして、以下のステップを踏むことでリスクを最小限に抑えることができます。まず、警察署に行き、免許証の紛失届を提出します。これにより、紛失した免許証が悪用された場合の証拠を残すことができます。次に、免許センターまたは運転免許試験場に連絡し、免許証の再交付手続きを開始します。この際、必要な書類や手数料についても確認しましょう。

さらに、万が一の事態に備えて、クレジットカード会社や銀行に連絡し、個人情報の不正使用を防ぐための対策を講じてもらうことも重要です。必要に応じて、信用情報機関に連絡し、不正利用の監視を依頼することも検討しましょう。

免許証の再交付が完了するまでの間は、運転を控えることが法律で求められています。運転免許証を所持せずに運転することは違法であり、罰則が科される可能性がありますので、注意が必要です。

免許証の紛失に気づいたら、以下の手順で悪用を防ぎましょう。

  1. 警察に遺失届を提出する
  2. 運転免許センターや試験場にて再交付の手続きを行う
  3. クレジットカード会社や携帯電話会社に連絡し、免許証の紛失を伝える
  4. 身分証明書として使用している場合は、関係機関に紛失を報告する

紛失したまま、免許不携帯で運転すると

道路交通法によると、運転中は必ず運転免許証を携帯し、検問などで警察官から提示を求められた場合にはそれを見せる義務があります。もし運転免許証を紛失してしまった場合、それを所持せずに運転すると「免許証不携帯」とみなされ、反則金として3,000円が科されます(2024年7月現在)。

運転免許証を紛失した場合、速やかに再交付の手続きを行い、再交付が完了するまでは絶対に運転してはいけません。

道路交通法第95条

免許証を紛失した時の対処法

免許証を紛失したことに気づいたら、以下の手順で早急に対処しましょう。

  1. 警察に遺失届を提出する: 紛失した場所や状況を詳しく説明し、遺失届を提出します。警察署の窓口だけでなく、交番や駐在所でも手続き可能です。
  2. 運転免許センターに紛失届を提出する: 警察への届け出と合わせて、運転免許センターにも紛失届を提出します。紛失届は郵送でも提出できます。
  3. 再交付申請をする: 運転免許センターで再交付申請を行います。申請に必要な書類や手数料は、各都道府県の運転免許センターのウェブサイトで確認できます。
  4. 身分証明書の代替手段を検討する: 免許証の再交付には時間がかかるため、その間の身分証明書の代替手段を検討しましょう。保険証やパスポート、マイナンバーカードなどが利用できます。

すぐに警察に連絡する理由と手順

免許証の紛失に気づいたら、すぐに警察に連絡しましょう。遺失届を提出することで、万が一、免許証が悪用された場合に、被害を証明する資料となります。警察署、交番、駐在所、いずれでも手続き可能です。

交番や警察署での手続き内容

警察では、紛失した場所や日時、免許証の種類、免許証番号などを聞かれます。これらの情報を元に、遺失届を作成します。

紛失届提出に必要な書類と準備

紛失届の提出には、特に書類は必要ありません。ただし、本人確認のため、保険証やパスポートなど、身分証明書を持参するとスムーズです。

免許証を再発行するための必要なものと手続き

再発行に必要な書類と受付時間

再発行に必要な書類は、以下の通りです。

  • 運転免許申請書
  • 本人確認書類(保険証、パスポートなど)
  • 手数料

受付時間は、各運転免許センターや試験場によって異なりますので、事前に確認しましょう。

運転免許センターや試験場での手続き

運転免許センターや試験場で、申請書を提出します。写真撮影や視力検査などを行い、新しい免許証が交付されます。

即日発行の可能性と手順

一部の運転免許センターや試験場では、即日発行が可能です。ただし、受付時間や混雑状況によって異なりますので、事前に確認しましょう。

東京都の場合

3カ所の運転免許試験場で再発行が受けられます。

府中運転免許試験場
鮫洲運転免許試験場
江東運転免許試験場

平日 午前8時30分から午後4時00分まで
(平日とは、月曜から金曜までの日になります。土曜、日曜、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)はお休みです。)

手数料:2,250円(2024年7月現在)

参考:警視庁 遺失、盗難、汚損、破損、表示内容の変更による再交付手続

許証を紛失 Q&A

免許証を紛失した場合、警察署への届け出は必要?

はい、必要です。免許証が悪用される可能性があるため、紛失に気づいたら速やかに警察署に遺失届を提出しましょう。

免許証を紛失した場合、再発行手続きは即日可能?

再交付の手続きにかかる時間は、通常30分から1時間程度が目安です。 運転免許試験場や運転免許センターなら再交付の手続きが終了すれば原則、運転免許証は即日再発行されます。しかし、混雑状況や受付時間によっては後日になる場合もあります。事前に確認しましょう。

免許証を紛失した場合、免許証の写真撮影は必要?

はい、再交付の際には新しい写真が必要になります。運転免許試験場や警察署に設置されている写真機、または持ち込み写真 (規定のサイズ) を利用できます。

免許証を紛失した場合、再交付後に見つかった場合の対応は?

再交付された免許証を使用し、見つかった免許証は運転免許センターまたは警察署に返納してください。

免許証を紛失した場合、手続きは平日のみ受け付け?

基本的には平日のみですが、一部の運転免許試験場では、土曜日や日曜日も受付を行っている場合があります。事前に確認しましょう。

免許証を紛失した場合、再発行にかかる費用は?

2024年7月現在、東京都の場合運転免許証の再交付手数料は2,250円です。

まとめ

免許証の紛失は、悪用されるリスクがあるため、迅速な対応が重要です。警察や運転免許センターへの届け出、再交付申請を速やかに行いましょう。また、紛失を防ぐために、免許証は大切に保管し、持ち歩く際は紛失しないように注意しましょう。

免許証紛失

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次