DSオートモビルズ 新型DS9 フラッグシップセダン 欧州モデル 2020年2月24日発表

DS9 DS オートモビルズ

PSAグループのDSオートモビルズはフラッグシップセダン新型「DS9」を2020年2月24日(現地時間)に欧州モデルを発表した。

新型 DS9について

「DS7 Crossback」「DS3 Crossback」に続く「DS9」はフラッグシップのセダンタイプ。フランスの「サヴォア・フェール」を象徴するDS 9。E-TENSEのハイブリッドパワーを搭載したDSの新型高級セダンは、卓越した技術と極上の快適さを追求した、洗練されたDSブランドの最新モデル。プジョーの新型「508」をベースにしている。

エクステリアはDSらしいクリスタルガラス、リトラクタブルドアハンドルなどDSらしい個性あふれる特徴的なデザインが採用。

DS9

インテリアはダッシュボード上に「B.R.M.社製高級アナログ時計」、センターコンソールのクロームに刻み込まれた繊細な“クル・ド・パリ”の文様、レザーに施されたパールステッチなどのデザインを採用。2つの大型ディスプレイは「ゲージクラスター」「インフォテインメントシステム(USBケーブル接続でのApple CarPlay™、Android Auto™に対応)」を採用。

DS ドライブアシストを採用、トラフィックジャムアシスト付のアクティブクルーズコントロールとレーンポジショニングキープを統合した先進のシステムです。⾼速道路などでの⾛⾏時に、クルマがアクセル、ブレーキ操作をアシスト。

DS パークパイロットを採用。車庫入れや縦列駐車の際に、シフトレバーのスイッチを押すだけで、駐車可能なスペースを検知し、必要なステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ操作のすべてをサポート。

DSスマートアクセスを採用。車にクルマに接近する接近するキーを検知する、ドアミラーの展開、ドアハンドルのポップアップ、ドアの解錠などを行う一歩進んだキーレスエントリーシステム。キーを持って、車両から離れると自動的にドアを施錠し、ドアハンドル、ドアミラーを格納。スマートフォンが、クルマのキーにもなる。スマートフォン上のMyDSアプリを使って、車の解錠、施錠、エンジン始動を行なえる。

ボディサイズは全長4,933mm、全幅1,855mm、全高1,468mm、ホイールベース2,895 mmである。

2種類のプラグインハイブリッドE-TENSEが採用。1.6L 直列4気筒ガソリンターボ+電気モーター×2、直列4気筒1.6Lガソリンターボ+電気モーター×1、システム最高出力250ps、EV航続距離50km、駆動方式2WDと1.6L 直列4気筒ガソリンターボ+電気モーター×2、システム最高出力360ps、EV航続距離50km、駆動方式4WDを採用。

プジョー 新型 508 フルモデルチェンジ 2代目 4ドアクーペ 日本 2019年3月20日発売

プジョー 新型 508 フルモデルチェンジ 2代目 4ドアクーペ 日本 2019年3月20日発売
プジョーは新型「508」のフルモデルチェンジを行い2018年9月から順次世界各国で発売する。日本では60台限定車「ファーストエディション」を2018年11月1日に オンライン予約開始した。「導入記念限定車 508 ファーストエディション」 ...

ソース

https://www.carscoops.com/2020/02/ds9-is-frances-newest-premium-sedan-and-its-based-on-the-peugeot-508/

DS9

https://www.dsautomobiles.jp/ds-models/ds9/exterior

DSオートモビルズ

https://www.dsautomobiles.jp/index.html