軽自動車 SUV 比較 三菱 新型 ek クロス が発売された理由は?

ek-x競合車種比較
新型 ek クロス

日本の軽自動車は今、世界的なSUV人気もあり各社が多く販売を初めている。軽自動車でもスズキー「ハスラー」が成功するなど今後も高い需要が期待できることから、今まで以上にSUVに注力することが予想される。そこで現在販売する、軽自動車でSUVと言われるカテゴリーの車種をまとめてみた。

スズキ ハスラー

ハスラーはスズキのクロスオーバーSUV (CUV) タイプの軽乗用車である。軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車で、軽自動車のSUVの魁となる車種である。

アウトドアやスポーツといったレジャーを好むユーザー、あるいはわだちや雪道といった起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定した、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発され、クロスカントリー4WDのジムニーとの棲み分けを図っている。

5代目ワゴンRと共通のプラットフォームを用い、Aピラーを立ててルーフの長さと幅をとることでゆとりのある頭上空間を確保し、体感的にも視覚的にも軽ワゴン車と同等の室内空間を持たせる一方、軽乗用車としては大きめの15インチホイールを用い、サスペンションストロークの変更を行うことで最低地上高は180 mm(2WD車の場合。4WD車ではリアデフ下の175 mm)を確保。

HUSTLER

ハスラー

フロントガラスに設置したデュアルセンサーブレーキサポートの2のステレオカメラで前方を検知するシステムを採用。誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能をCVT車標準装備を(G、Gターボ)採用。

スペック新型ハスラー
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,665mm
ホイールベース2,460mm
エンジン660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒 
ターボエンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン
エンジン最高出力52ps/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
エンジン最大トルク6.1kgm/
4,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
モーター最高出力3.1ps/
1,000rpm
モーター最高トルク5.1kgm/
100rpm
バッテリーリチュウムイオン
電池
 
駆動方式2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費33km/L28.0km/L27.0km/L
乗車定員4名

ハスラーについて

スズキ 新型 ハスラー マイナーチェンジ デュアルセンサーブレーキサポート搭載 2018年11月1日発表
スズキは新型ハスラーのマイナーチェンジを行い2018年11月1日発表し11月15日に発売する。特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」を発売する。 価格:110万520円~173万4480円 新型 ハスラー マイナーチェンジモデ...

スズキ ジムニー

ジープ以来の伝統的な四輪駆動車の構成を固持する、小型で軽量のパートタイム4WD車である。低級振動や重量増などの不利をおして、今なお強度と耐久性を重視したはしご型フレーム(ラダーフレーム)を使い続け、サスペンションも前後とも固定軸を用いている。現代の自動車技術において、乗用車のみならずオフロード車であっても車台のモノコック化、サスペンションの独立懸架化が進んでいる状況の中で、独自かつ稀有な存在である。

2018年現在までマイナーチェンジを経てフルモデルチェンジが行われていなかった。そして、2018年7月5日に20年ぶり待望のフルモデルチェンジを果たす。

デュアルセンサーブレーキサポートを搭載し、単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして自動ブレーキ機能などをはじめとする様々な機能で危険を回避する。ボディには軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]を採用。プリテンショナー機構とフォースリミッター機構(シートベルト)やSRSエアバッグ、4輪ABS(アンチロックブレークシステム)、ラッチスタートシステム(MT車限定)などを採用する。

jimny

新型 ジムニー ジムニーシエラ

スペック新型ジムニー新型ジムニー シエラ
全長3,395mm3,550mm
全幅1,475mm1,645mm
全高1,715mm1,730mm
ホイールベース2,250mm2,250mm
最低地上高205mm205mm
最小回転半径4.8mm4.9mm
エンジン

R06A型 658cc
直3 DOHC インタークーラーターボ

直列4気筒1.5L
デュアルジェットエンジン

最高出力

64ps(47kW)/
6,000rpm

75kW(102ps)/
6,000rpm

最大トルク

96Nm(9.8kgm)/
3,500rpm

130Nm(13.3kgm)/
4,000rpm

駆動方式4WD(パートタイム4WD搭載)
トランスミッション4AT/5MT
車両重量

1,040kg(4AT)
1,030kg(5MT)

1070kg
WLTCモード燃費

13.2 km/L (4AT)
16.2km/L (5MT)

13.6km/L (4AT)
15.0km/L(5MT)

価格1,458,000円~
1,841,400円
1,760,400円〜
2,019,600円

ジムニー について

スズキ 新型 ジムニー フルモデルチェンジ 4代目 20年ぶり 2018年7月5日発売
スズキは新型ジムニーのフルモデルチェンジ 4代目を2018年7月5日に発売した。新型ジムニー シエラも同日発売された。 価格:145万8,000円〜184万1,400万円 年間国内販売目標台数:15,000台 2018年7月...

ダイハツ キャスト アクティバ

キャストはダイハツの軽トールワゴン(STYLE、SPORT)、および軽SUV(ACTIVA)である。スズキのハスラーの大ヒットを受けて、対抗馬として開発された。

6代目ムーヴに採用した軽量高剛性ボディ「Dモノコック」をはじめ、「Dサスペンション」や「Dアシスト」も採用。新型タント/ タントカスタム 、新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。(世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。)

4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出すパノラマモニターを採用。

キャストアクティバ

キャスト アクティバ

スペック新型キャスト
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,600-1,610mm(スタイル、スポーツ)
1,630-1,640mm(アクティバ)
ホイールベース2,455mm
エンジン直3 DOHC 660cc直3 DOHC 660ccターボ
最高出力38kW (52PS)/
6,800rpm
47kW (64PS)/6,400rpm
最大トルク60Nm (6.1kgm)/
5,200rpm
92Nm (9.4kgm)/
3,200rpm
駆動方式2WD/4WD
JC08モード燃費27.6-30.0km/L25.6-27.4km/L
車両重量820-890kg840-900kg

キャストについて

ダイハツ 新型 キャスト アクティバ / スタイル / スポーツ マイナーチェンジ (一部改良) 2017年10月4日発売
ダイハツは新型キャストのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2017年10月4日に発売した。 キャスト アクティバ 価格122万5800円~171万1800円 キャスト スタイル 価格122万5800円~170万6400円 キャスト ス...

スズキ スペーシアギア

スズキは新型スペーシアの派生モデル新型「スペーシアギア」を追加し2018年12月20日発売した。スペーシアをベースに外観をSUVテイストに演出。見た目は今話題の新型ジムニーやハスラー、クロスビーに似たフロントマスクを採用している。ギアと名付けているが「道具」を表しており、ベースはスペーシアのためMTではなくCVTをそのまま採用している。

spacia-gear

新型 スペーシアギア

スペック新型スペーシアギア
グレードHYBRID XZHYBRID XZ TURBO
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1800mm
ホイールベース2,460mm
エンジン直列3気筒660cc+モーター
(マイルドハイブリッド)
直列3気筒660ccターボ+モーター
(マイルドハイブリッド)
最高出力52ps/6,500rpm64ps/6,000rpm
最大トルク6.1kgm/4,000rpm10.0kgm/3,000rpm
モーター最大出力3.1ps/1,000rpm
モーター最大トルク5.1kgm/100rpm
トランスミッションCVT
駆動方式2WD(FF)/ 4WD
乗車定員4名
JC08モード燃費26.4〜28.2km/L24.0〜25.6km/L
価格1,614,600円〜1,732,320円1,695,600円〜1,813,320円

スペーシアギアについて

スズキ 新型 スペーシアギア SUVテイスト 2018年12月20日発売
スズキは新型スペーシアの派生モデル新型「スペーシアギア」を追加し2018年12月20日発売した。 価格:161万4600円~181万3320円 2018年12月1日よりススキのホームページに「スペーシアギア」の予告サイトがオープンした。...

三菱 ek X(ek クロス)

ek クロスは三菱のSUVテイストの軽乗用車である。4代目eKワゴンの派生モデルとして開発された「SUVテイストのクロスオーバーモデル」である。プラットフォームなどは日産新型デイズと共通であり、日産・三菱との合弁会社NMKVが企画開発する。製造は三菱が担当する。デザインはエクステリア、インテリアデザインを変更。2019年2月15日に発売した新型デリカ:5にそっくりなフロントバンパーを採用してダイナミックなデザインを採用する。「e-Assist」を標準搭載。更に、軽自動車で初搭載となる「高速道路同一車線運転支援技術」MI-PILOTシステムをオプション選択可能とした。

ek-x

新型 ek クロス

MI-PILOT

MI-PILOT

スペック新型 ekクロス
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,640〜1,660mm
ホイールベース2,495mm
モデルターボ車マイルド
ハイブリッド車
エンジン660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
+モーター
最高出力47kW(64ps)/
5,600rpm
38kW(52ps)/
6,400rpm
最大トルク100Nm(10.2kgm)/
2,400rpm~4,000rpm
60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm 
モーター
最高出力
2.0kW(2.7ps)/
1,200rpm
モーター
最大トルク
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
トランスミッションCVT
(エクストロニック)
駆動方式FF/4WD
車両重量830kg〜920kg
JC08モード燃費22.8km/L〜
25.2km/L 
25.4km/L 〜
29.8km/L 
WLTCモード燃費16.8km/L〜
19.2km/L 
18.8km/L〜
21.2km/L
価格1,636,200円~
1,765,800円
1,414,800円~
1,684,800円

ek クロスについて

三菱 新型 ekワゴン / ekクロス フルモデルチェンジ 4代目 2019年3月28日発売
三菱は新型「ekワゴン」「ek X(クロス)」のフルモデルチェンジを行い2019年3月14日発表、3月28日に発売した。同時に日産も新型デイズのフルモデルチェンジを行い発売する。 ekワゴン価格:129万6,000円~150万6,600円...

軽自動車のSUVモデルについて

いかがでしょうか?各社、SUVテイストな車種から本格SUVまで軽自動車の選択肢が広がっているのがわかる。今回発売された新型ek クロスは三菱の初代「ekワゴン」の車高アップでSUVテイストを持たせた派生モデル「ek アクティブ」の後継モデルと言っていいだろう。ekクロスはデザインを新型「デリカD:5」と共通かしており、軽自動車のデリカとしたい三菱の意図を感じる。今後の販売台数が各社どうなっていくか楽しみだ。

競合車種比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019