メルセデス・ベンツ 新型 EQS 56インチ「MBUX ハイパースクリーン」 採用

メルセデスベンツは、メルセデス・ベンツの新型EV「EQS」のインテリアを2021年3月28日(現地時間)先行公開した。EQSは2021年4月15日(現地時間)に世界初公開、欧州や北米では2021年8月に発売予定。

目次

新型 EQS 採用 「MBUX ハイパースクリーン」について

2つの選択肢があり、オプションのハイパースクリーン。これは、ほぼ柱から柱まで伸びる56インチ(1.41 m)の巨大な湾曲したディスプレイで、3つのスクリーンを統合している。耐性のあるガラスカバー。ドライバーディスプレイ(画面対角:12.3インチ)、OLEDセントラルディスプレイ(17.7インチ)、OLED助手席ディスプレイ(12.3インチ)が1つのビジュアルユニットとして表示される。MBUXハイパースクリーンのタッチスクリーン表面の下には合計12個のアクチュエータがあり、触覚と力のフィードバックを備えた直感的なタッチ操作を提供。指が画面の特定の場所に触れると、カバープレートに目に見える振動が発生。使用していないとき、ハイパースクリーンは、キャビン全体に広がる周囲の照明と連携して機能するさまざまな背景を表示。

 

新型 EQS 採用 シンプルな代替ダッシュボードレイアウト

もう一つの選択肢として、Sクラスで提供される、インストルメントパネル用の12.3インチのフローティングディスプレイと、インフォテインメントシステムのセンターコンソールに組み込まれた12.8インチのタブレットのような大きな画面が含まれ、ダッシュボードの残りの面は、木材や金属仕上げ。また、AMGラインパッケージの一部として、フロント用に2つの異なるシート、標準の快適性と統合されたヘッドレストを備えた追加のスポーツシートのオプションがある。

「HeyMercedes」デジタルアシスタントと生体認証

「Hey Mercedes」と言うと応答するデジタルアシスタントを含む、次世代のMBUXソフトウェアを搭載。このシステムは人工知能(AI)によってサポートされており、車両の機能の説明や、Bluetooth経由でスマートフォンを接続する方法を尋ねられたときの支援から、気分に基づいた特定の周囲照明や画面アニメーションのトリガーまで、さまざまな機能を提供する。MBUXのハードウェア仕様には、8つのCPUコア、24 GBのRAM、および46.4GB /秒のRAMメモリ帯域幅が含まれている。EQSには、ドライバーディスプレイに顔認識カメラが搭載されており、さまざまな支援機能や快適機能に使用される。生体認証、ドライバー認証用の指紋スキャナー、注意支援疲労警告、および外部ミラーを事前設定された位置に調整することが含まれる。

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 EQS「ハイパースクリーン」 採用 メルセデスベンツはEVモデル新型「EQS」に「ハイパースクリーン」 採用する。 【新型 EQS「ハイパースクリーン」】 新しいビデオで革新的な「ハイパースクリーン」を紹...

メルセデス・ベンツ 新型 EQS「ハイパースクリーン」 採用

メルセデス・ベンツ 新型 EQS 電気高級セダン

メルセデス・ベンツ「EQS」電気自動車モデルの高級セダン 欧州や北米では2021年8月に発売予定。

ラグジュアリーおよびエグゼクティブセグメントの新世代の電気自動車は、カスタム開発されたアーキテクチャに基づいており、あらゆる側面でスケーラブルであり、モデルシリーズ全体で使用。ホイールベースとトラック、および他のすべてのシステムコンポーネント、特にバッテリーは、モジュラー設計のおかげで可変。したがって、車両のコンセプトは、未来志向のバッテリー式電気モデルファミリーのすべての要件を満たすように最適化されています。この車両アーキテクチャにより、メルセデスベンツの電気自動車をサルーンから大型SUVまで製造することが可能。

「EQS」はスペースとデザインに関して、全電気アーキテクチャのすべての利点を十分に活用。最大700kmの範囲(WLTPによる)で、EQSはこの点でもSクラスセグメントのプログレッシブサルーンの要件を満たす。電気自動車は、MBUX(Mercedes-Benz User Experience)制御および表示システムや運転支援システムなど、メルセデスベンツの先駆的な分野横断的な技術を採用。

EQSは現在ドイツのインメンディンゲンにあるテストコースおよびテクノロジーセンターで最後テストが行なわれているほか、中国と米国でも試乗が行なわれている。これまでに、スカンジナビアでの厳しい冬のテスト、試験場、公道、ナルドの高速テストトラックでのシャーシとドライブトレーンのテスト、南ヨーロッパと南アフリカの暑さの中での車両全体の統合テストなどが行なわれてきた。

EQSの生産は、2022年にタスカルーサ(米国)のメルセデスベンツ工場で開始。現在、バッテリー工場がすぐ近くに建設されており、両方のモデルに高効率のバッテリーシステムを供給。

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 EQS 電気自動車 高級セダン 2021年4月15日発表 2022年発売 メルセデス・ベンツ「EQS」電気自動車モデルの高級セダン 2022年発売する。2021年4月15日(現地時間)に量産モデルを正式発表する。 【メルセデス・ベンツ 新型 EQS 電...

メルセデス・ベンツ 新型 EQS 電気自動車 高級セダン 2022年発売

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 VISION EQS 高級EV セダン 2019年9月10日公開 メルセデスベンツは高級EVモデルとなる新型コンセプト「VISION EQS」を2019年9月10日(現地時間)フランクフルトモーターショー 2019にて世界初公開した。 【新型 VISIO...

メルセデス・ベンツ 新型 VISION EQS 高級EV セダン 2019年9月10日公開

ソース

marsMediaSite

メルセデスベンツ

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ日本 オフィシャルサイト メルセデス・ベンツ 公式サイト。メルセデス各車種の動画映像やカタログ詳細情報、正規販売店・サーティファイドカー(認定中古車)の検索、試乗車検索・試乗リクエスト・...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる