メルセデス・ベンツ 新型 EQE 電気自動車 高級セダンモデル 2021年9月5日発表

メルセデスベンツは新型「EQE」電気自動車モデルの高級セダンを2021年9月5日(現地時間)発表した。2021年9月7日(現地時間)開催予定のミュンヘンモーターショー2021(IAA MOBILITY 2021)で「EQE」を発表。生産は2022年半ばにヨーロッパと米国のメルセデスのブレーメン工場で、中国の市場モデルは現地で生産。

目次

新型 EQE 電気自動車 高級セダンモデル

新型 EQE エクステリア

従来のEクラスよりもクーペのようなデザインを採用したEQEセダンは、より大きなEQSセダンと多くの視覚的な類似点を共有。電気アーキテクチャ「EVA2」を採用する。リアは全幅LEDリアライトを備え、前面のグリルの代わりに、メルセデスのロゴとダイヤモンドの星のパターンが付いた大きな黒いスラブがあり、その後ろに複数のセンサーとカメラが隠れている。4,934 mmのEQEセダンは、EQSセダンの全長5,265 mmよりも著しく短いですが、ホイールベースは3.1 mでフルサイズのホイールベースにはるかに近くなっている。

EQEセダンの1つのバージョン、EQE 350のみが発表されましたが、オプションのAMGラインは、さまざまなバンパー、より大きなホイール、およびスポーツバケットシートを追加。イミテーションレザーは広範囲に機能し、いくつかのウッドトリムオプションがありる。また、乗員用のマッサージシートを組み込んだメルセデスのリラクゼーションスイート「EnergizingComfort」も提供される。

新型 EQE インテリア

インテリアは、EQSセダンでデビューした(オプションの)MBUXハイパースクリーン。ガラスの広がりは、ダッシュボードの幅全体に広がる3つの別々の画面を1つのシームレスなユニットに結合。テクノロジーは、生体認証と拡張現実ナビゲーションにより、さらに中心的な役割を果たす。

EQEセダンは、EQSセダン同様に、アダプティブエアサスペンションと4輪ステアリングで利用できる。ただし、標準装備されていません。標準モデルは、スチールスプリングと従来のステアリングを備えてる。

新型 EQE スペック

EQEセダンは90.6 kWhのバッテリー、後輪駆動、および288 hp(215キロワット)と391ポンドフィート(530 Nm)を出力する電気モーターを備えている。前もってモーターを追加する4MATIC全輪駆動は、オプション。航続距離はWLTPサイクルで410マイル(660 km)、高速DC充電器で31分間に10〜80パーセントの充電時間。

Daimler
Mercedes-Benz at the IAA 2021 | Daimler At the IAA MOBILITY in Munich from 7 to 12 September, Mercedes-Benz is showcasing the full breadth of its current and future electric mobility line-up – from co...
Daimler
The EQE: the new business avant-garde | Daimler The business saloon EQE is the second model to be based on the premium-class electric architecture (EVA2), following the luxury EQS saloon. The EQE will have it...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる