日産 ニッサン IMk 軽自動車規格のEVコンセプト 東京モーターショー 2019 世界初公開

NISSAN IMk 日産

日産は、電気自動車のEVコンセプトカー「ニッサン IMk」を2019年10月1日公開した。

第46回東京モーターショー2019(開催期間2019年10月24日~11月4日まで開催する。プレスデー2019年10月23日〜24日)にて「ニッサン IMk」を出展する。

EVコンセプトカー ニッサン IMk

新開発のEVプラットフォームを採用。軽自動車規格のボディサイズでありながら常識を覆すEVならでは力強くスムーズな走りと驚きの静粛性を実現する。最新の運転支援技術やシームレスなコネクテッド機能を搭載。エクステリアには都市部の洗練された景観から日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質でシックなデザインを取り入れ、新しい時代の小型EVの姿を提案。

NISSAN IMk

NISSAN IMk

NISSAN IMk

NISSAN IMk

NISSAN IMk

NISSAN IMk

NISSAN IMk

NISSAN IMk

「ニッサン IMk」は、運転支援技術「プロパイロット 2.0」を進化させた次世代の運転支援技術が搭載。高速道路での運転支援から主要幹線道路に利用範囲を拡大し、幅広いシーンでドライバーの運転をサポート。

スマートフォンを使ってクルマを自動的に駐車することができる「プロパイロット リモートパーキング」、クルマから降りると無人の状態の「ニッサン IMk」が自ら空きスペースに駐車し、必要なときにドライバーがスマートフォンで呼ぶとドライバーの元まで迎えに来る「ドライバーレスバレーパーキング」機能を搭載。

NISSAN IMk

インテリアはこれからの自動運転の時代に向け、運転のための空間から、快適な時間を過ごす「部屋」としての空間へ変化することを意識して開発。直線やシンプルな曲面を使って構成された空間は、クリーンでモダンな「部屋」を表現し、「アカガネ」のアクセントはそこに上質さと艶やかさを加えいる。

NISSAN IMk

インストルメントパネルは一切のスイッチを廃し、ユーザーに必要な情報はアイコニックなプリズムディスプレイの中で、情報が空中に浮かび上がるかのように映し出されいる。コンパクトなEVパワートレインによって、余裕を生み出したフットスペースに暗めの色を配し、インテリア全体を包む淡い色とベンチシートによってラウンジのようなリラックスできる空間を演出。

サイズ ニッサン IMk
全長 3,434mm
全幅 1,512mm
全高 1,644mm

日産ニュースリリース

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/191001-00-j

日産

https://www.nissan.co.jp/

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019