ボルボ 新型「Volvo Concept Recharge」2030年までに完全EVのみに移行 2021年6月30日発表

Volvoは2030年までに完全EVのみに移行すると発表、更に同社は新しい「Volvo Concept Recharge(コンセプト リチャージ )」を2021年6月30日(現地時間)発表した。これは、「次世代の全電気モデルのマニフェスト」。

目次

新型「Volvo Concept Recharge」

XC60やXC90よりもはるかに過激に見えるリチャージは、「少ないが良い」という考えを取り入れた新しいデザイン哲学を採用しています。「不要な要素」を排除し、「高精度のフラッシュ実行」を可能にすることを目指しています。コンセプトは電気自動車用に特別に設計された新しいプラットフォームに乗っている。これにより、ICE搭載モデルとフロアを共有し、設計者が「バッテリーパックと内燃エンジンの両方を収容できる比率とスペース」のバランスを取る必要がある同社の第1世代EVとは異なり、完全にフラットなフロアが可能になる。リチャージは技術的にはコンセプトですが、再設計されたXC90をプレビューすることが期待されている。

Volvo Concept Recharge エクステリア

グリルは、最初から、照らされたボルボのエンブレムが特徴の「シールドのような構造」に置き換えられ、細くてさまざまなアニメーションの品揃えを特徴とするトールのハンマーヘッドライトの新しい解釈に隣接。後ろに移動すると、合理化されたボディワークと分厚いサイドスカートを見ることができる、このモデルには、フラッシュマウントドアハンドルとリアドアもある。その他の注目すべきハイライトには、パノラマガラスルーフ、スリムピラー、ルーフマウントLiDARセンサーなどがあり、後部に続いて、「全体的な空気力学をさらに改善するために、より高い巡航速度で伸びる翼のセットで再考された」垂直テールライトがあります。コンセプトはまた、ミニマリストのバンパー、凹型のリフトゲート、小さなスポイラーを備えている。

Volvo Concept Recharge インテリア

15インチのインフォテインメントシステムを備えたミニマリストのダッシュボード、「少ないが良い」というテーマはキャビンでも続きます。スクリーンといえば、ステアリングコラムに取り付けられた自立型のデジタル計器クラスターがあり。他の場所では、フローティングセンターコンソールによって分離された4つの個別の座席があります。コンセプトはまた、環境に優しい素材とバッグのような収納コンパートメントを備えている。

デザイン責任者のロビン・ペイジは、次のように述べています。「インテリアは、最新のユーザーエクスペリエンステクノロジーと、美しく、持続可能で、自然な素材を統合しています。インテリアの各部分は芸術作品のようであり、部屋の個々の家具として独立することができます。」

ボルボニュースリリース

VOLVO CAR JAPAN PRESS SITE
ボルボ・コンセプト・リチャージは、ボルボ・カーズの電気自動車の未来へのマニフェストです | VOLVO CAR J... ボルボ・カーズにとって電動化とは、単にパワートレインの転換を意味するだけではありません。カーデザインの新しいパラダイムを意味しています。ボルボ・コンセプト・リチ...

ボルボ

Volvo Cars
ボルボ・カー・ジャパン 北欧スウェーデンの自動車メーカー・VOLVO(ボルボ)の日本公式サイト。各車種ラインナップをはじめ、正規ディーラーのご紹介、キャンペーン情報などをお届けいたします。 ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる