レクサス CT

CTは「レクサス」が販売するハッチバック型の乗用車である。

CT200hについて

レクサス初のCセグメントとなる小型ハッチバック型ハイブリッドカーである。2010年3月に開幕した第80回ジュネーヴモーターショー2010にて初公開された。ヨーロッパでは2010年下半期発売開始。北米2011年春発売開始。日本は2011年1月12日発売を開始した。プラットフォームは日本国外向けトヨタのカローラなどで採用されている「新MCプラットフォーム」を採用した。パワートレーンはトヨタのプリウス(3代目モデル)とほぼ同じハイブリッドシステムを搭載。横滑り防止装置(S-VSC)電動パワーステアリング(EPS)とも統合制御され、10・15モードで34.0 km/L の低燃費となる。ボンネットフードとバックドアには軽量なアルミ合金(プレス加工)を使用しているほか、空力面でも2BOX形状ではトップクラスのCd値=0.28を実現しており、燃費および静粛性の向上が図られている。インテリアではRX(3代目)から採用されている、カーナビゲーションをパソコンのマウス感覚で手元で操作できる「リモートタッチ」を搭載する。

2014年1月16日マイナーチェンジし発売を開始。レクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」の導入やバンパーの形状を変更するなどデザインが一新されたほか、アルミホイールのデザインも変更。洗車などによる小さなすり傷を自己修復する「セルフリストアリングコート」を採用。走行性能では吸・遮音材の改良で静粛性を向上するとともに、スポット溶接打点の追加やボディを面で結合し、たわみを抑える構造用接着材などの生産技術を投入してボディ剛性を強化したことで、操舵時の車両応答性を高め、優れた操縦安定性と上質な乗り心地を実現。2015年1月8日一部改良、同時に特別仕様車「F SPORT X Line」を発売。2015年8月6日一部改良。2016年8月25日特別仕様車「Cool Touring Style」を発売。2017年8月24日マイナーチェンジ。2018年8月23日特別仕様車「Black Sequence」を発売。2020年8月20日一部改良。パーキングサポートブレーキ(静止物)を全車に標準装備。

CT200h

CT200h

新型CT200h 一部改良 価格 グレードについて

グレード エンジン

トランス
ミッション

駆動
方式
価格
(10%)
CT200h
“version L”
1.8L 直4 DOHCエンジン
2ZR-FXE型 + モーター 
電気式
無段階変速機
2WD
(FF)
4,881,000円
CT200h
“F SPORT”
4,510,000円
CT200h
“version C”
4,093,000円
CT200h  3,869,000円

新型CT200h スペックについて

スペック CT200h
全長 4,355mm
全幅 1,765mm
全高 1450-1,460mm
ホイールベース 2,600mm
エンジン 1.8L 直4 DOHCエンジン+
モーター 2ZR-FXE型
最高出力 73 kW (99ps)/
5,200rpm
最大トルク 142 Nm (14.5 kgm)/
4,000rpm
モーター
最高出力
60kW (82ps)
モーター
最大トルク
207Nm (21.1kgm)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
駆動方式 FF
乗車定員 5名
JC08モード燃費

26.6〜30.4km/L

WLTCモード燃費 21.3~23.9km/L

CT200h

あわせて読みたい
Access Denied