ランボルギーニ

ランボルギーニ 新型 アヴェンタドール SV Jota ハイパフォーマンスモデル 2018年10月発表

2018年4月15日

ランボルギーニは新型アヴェンタドールのハイパフォーマンスモデル「アヴェンタドール SV Jota」を2018年10月に発表する。2018年10月2日~14日に開催されるパリモーターショー2018にて世界初公開した。

新型 アヴェンタドール SV Jotaについて

ジュネーブモーターショー2015 で正式発表した新型 アヴェンタドールSVを更に進化させたモデルである。アヴェンタドールSV、6.5L V型12気筒エンジン、最高出力750ps、最大トルク690Nm、0-100km/h 2.8秒、最高速度は350km/h。

新型 アヴェンタドール SV Jotaは約800PS(588kW)を持つ可能性があるとの報告がある。6.5L V型12気筒エンジン、最高出力:800ps、0-100km/h加速:2.8秒以下、最高速度:350km/h以上。

新型 アヴェンタドール SV Jota スパイショット

アヴェンタドール サイズ

全長:4,797mm

全幅:2,030mm

全高:1,136mm

ホイールベース:2,700mm

アヴェンタドール S クーペ/ロードスター エンジンについて

20%軽量化したエキゾーストと可変吸気バルブタイミング機構を採用。

V型12気筒6.5Lエンジン

最高出力:740ps/8400rpm

最大トルク:690Nm 70.4kgm/5500rpm

トランスミッション:7速ISR

駆動方式:4WD

0-100km/h加速:2.9秒

最高速:350km/h以上

新型アヴェンタドール Sについて

現地時間2016年12月19日に、新型アヴェンタドール Sを正式発表した。アヴェンタドール(Lamborghini Aventador)を改め、アヴェンタドール S(Lamborghini Aventador S)と改名した。新しいエクステリアデザインでは空力性能にこだわり、フロント、リアの一部を改良しフロント130%、リア50%から低抗力での全体効率は400%以上増加(アクティブウイングの位置)それぞれダウンフォースを高めた。アクティブダンパーシステムを新採用"Strada"や"Sport"、"Corsa"、"Ego"の4種の走行モード切り替えが可能だ。4輪ステアリングシステムを新採用。車体の安全性を高め、走行環境に合わせホイールベースの変える。電子制御システム LDVA(Lamborghini Dinamica Veicolo Attiva)採用。

新型アヴェンタドール S インテリアについて

デジタルメータークラスター採用。最新世代インフォテイメントシステム採用。Apple CarPlayをサポート。ランボルギーニは、アヴェンタドール Sのオープンモデルとなるアヴェンタドール S ロードスターを2017年9月6日(現地時間)公開すると発表した。プレスデー2017年9月12日~13日、一般公開日9月16日~24日に開催されるフランクフルトモーターショー2017にて「アヴェンタドール S ロードスター」世界初公開される。

 

アヴェンタドール S ロードスターについて

新しいエクステリアデザインでは空力性能にこだわり、フロント、リアの一部を改良し
フロント130%、リア50%から低抗力での全体効率は400%以上増加(アクティブウイングの位置)それぞれダウンフォースを高めた。アクティブダンパーシステムを新採用。"Strada"や"Sport"、"Corsa"、"Ego"の4種の走行モード切り替えが可能だ。

4輪ステアリングシステムを新採用。車体の安全性を高め、走行環境に合わせホイールベースの変える。電子制御システム LDVA(Lamborghini Dinamica Veicolo Attiva)採用。

アヴェンタドール S ロードスター インテリアについて

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

Lamborghini Aventador SV Jota Spied, Could Have Around 800 HP

アヴェンタドール S

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/aventador

ランボルギーニ

https://www.lamborghini.com/jp-en/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランボルギーニ

© 2021 最新自動車情報