MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型 シビック タイプR 日本モデル750台限定受注生産

ホンダが2014ジュネーブモーターショーにおいて次期欧州向け「シビック TYPE R」のコンセプトモデル「シビック TYPE Rコンセプト」を発表した。新型シビック TYPE Rは2015年3月におこなわれるジュネーブモーターショーで発売した。2015年3月2日発表。欧州モデルは2015年7月に発売。日本発売は受注生産で2015年10月29日~11月23日 750台限定販売だ。2015年12月7日に正式発売した。750台を上回る予約が入った場合、抽選になる予定だ。価格:428万円。カラーラインナップ2色、チャンピオンシップホワイトが550台限定、クリスタルブラック・パールが200台限定。

目次

新型 シビック タイプRについて

ホンダの欧州市場向けのCセグメントハッチバック「Honda Civic」のホットバージョンとしてリリース予定の「Honda Civic Type R」をプレビューするコンセプトモデルである。現在、シビック タイプRは2012年6月に販売終了し、現在まで廃盤となっている。3年の時を経て復活を遂げることとなりそうだ。ライバル車種はルノーメガーヌRSやゴルフGTIだ。2.0L 4気筒ターボエンジン「VTEC TURBO」が搭載され最高出力310ps/6,500rpm 最大トルク40.8kgm/2,500rpmを発揮する。6速マニュアルトランスミッションが組み合わせられる。最高速度は270km/h。0-100km/h加速値は前輪駆動モデルとしてはトップレベルとなる5.7秒。ニュルブルクリンク(北コース)のラップタイムで7分50秒63でFF量産車最速を達成。

ルノー メガーヌ RS 275 トロフィーRがこのラップタイム最速で7分54秒なのでシビック typeRが4秒速いこととなる!!ホイールは19インチアルミとコンチネンタル製235/35R19サイズのタイヤを装備。足回りには標準のシビックよりも50%もトルクステアを低減する「Dual Axis Strut Front Suspension System」新型シビック タイプRのために特別に開発された「Adaptive Damper System」などを採用。

リアのロール剛性も高め、350Φのクロスドリルドフロントディスクと4ピストンキャリパーからなるBrembo製のブレーキシステム、エンジンレスポンスやパワーステアリング、ダンパーなどのセッティングをよりハードなものへと変更する「+Rモード」ボタンなども備えられている。ホンダのF1開発をしている、さくら研究所において風洞実験を繰り返した。

新型 シビック タイプR ボディサイズについて

全長:4,390mm(4,285mm)

全幅:1,878mm(1,770mm)

全高:1,466mm(1,472mm)

ホイールベース:2,605mm(2,605mm)

( )は通常盤シビック

2.0L 4気筒直噴ガソリンターボエンジンについて

VTEC、高出力型ターボ、直噴技術、高性能冷却システムにより高出力・高レスポンスを実現。最高出力280馬力以上の高出力と、2014年より施行される欧州の排出ガス規制「EURO6」への適合という高い環境性能を両立した、革新的なハイパフォーマンスエンジン。

新型 シビック タイプR スペック

スペック新型 シビックtypeR
全長4,390mm
全幅1,878mm
全高1,466mm
ホイールベース2,605mm
エンジン2.0L 4気筒VTECターボエンジン
最高出力310ps/6,500rpm
最大トルク40.8kgm/2,500rpm
トランスミッション6MT
価格428万円

新型 シビック タイプR 価格について

英国ベース価格29,995ポンド(約589万円)と発表!!価格や詳細については第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)で発表される日本では428万円だと発表された。

タイプRの今後の展開?

噂では、「タイプR」モデルはシビックだけではなくこれから発売されるNSX,S660,S2000などにもタイプRモデルを設定しスバルの「STI 」のような位置付けでスポーツモデルを増やす方向性の様だ。

チャンピオンシップホワイト

クリスタルブラック・パール

シビック TYPE R プロモーション動画

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2013/4131119b.html

ホンダシビックtypeR

https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次