ルノー 新型 トゥインゴ 三代目 日本 2016年9月15日発売

ルノー

ルノーは新型トゥインゴを2014年3月に開催されたジュネーブモーターショー2014で発表した。

新型トゥインゴ について

3代目となる新型トゥインゴ、新型はこれまでと大きく違う。ダイムラーの次期「スマート」と共同で開発されたシャシーを使っていることでエンジンをリアに搭載した。
日本では2016年9月15日発売が開始される。価格:189万円~199万円。

新型トゥインゴ スペックについて

全長:3,590mm

全幅:1,640mm

全高:1,550mm

ホイールベース:2490mm

最小回転半径は4.3mと、取り回し性能に優れる。

リアエンジン2種類あり。

「SCe70」は排気量999ccの3気筒自然吸気で、最大出力70ps、最大トルク9.3kgm。

「TCe90」は排気量898ccの3気筒ターボで、最大出力90ps、最大トルク13.8kgm。

エンジンを前から後ろに移したことで、車体はコンパクトになり回転半径は小さくなり、狭い市街地での取り回し性が向上した。同時に、ハンドリングもよくなり、小気味よく走る運動性能を実現することが出来たという。

新型トゥインゴ グレード・仕様・価格について

トゥインゴ

直列3気筒DOHC 898ccターボエンジン
最大出力:90ps
最大トルク:13.8kgm
トランスミッション:6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)
駆動方式:2WD(RR)
価格:189万円~199万円

トゥインゴ パックスポール 限定車

直列3気筒DOHC 898ccターボエンジン
最大出力:90ps
最大トルク:13.8kgm
トランスミッション:6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)
駆動方式:2WD(RR)
価格:199万円

トゥインゴ サンク S

直列3気筒DOHC 999ccエンジン
最大出力:70ps
最大トルク:9.3kgm
トランスミッション:6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)
駆動方式:2WD(RR)
価格:169万円
twingo_02.jpg

twingo_03.jpg

twingo_01.jpg

twingo_04.jpg

twingo_05.jpg

ルノー

https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/index.html

ルノー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました